スポンサーリンク

NMB48小嶋花梨 チームNの研究生を経験してなかったらキャプテンになってないと思う「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年1月29日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
吉田朱里(アカリン)

チームNについて

吉田 「わたし、(新チーム)Nは“N”やな~って感じ。」

小嶋 「あっ、本当ですか?」

吉田 「うん。」

小嶋 「あ~、やっぱりそうなんですね。」

吉田 「うん。わたし、元々ずっとNで育った人で。」

小嶋 「そうですよね。うんうん。」

吉田 「Mに行ったら、良い意味で気が抜けたのよ。自分の中で。」

小嶋 「あ~、うんうん。」

吉田 「なんか、抜いてても、お姉ちゃんもいっぱいいたし、うーか(加藤夕夏)とか優ちゃん(石田優美)とかしっかりしてるメンバーもいたし。」

小嶋 「そうですね。」

吉田 「1期生のわりにはふざけられたというか。あんまり気が張ってなかったっていうのがあって。」

小嶋 「うんうん。」

吉田 「でも、Nに行くと。“N”っていう、昔のしきたりみたいなのがあるやん(笑)」

小嶋 「はいはい、ありますあります。やっぱりイメージがね。元のイメージがあるから。」

吉田 「そう。しっかりしなきゃって気が張ってる。最近。」

小嶋 「でも、だからNっていいんですよね。」

吉田 「そうそう。」

小嶋 「わたしも、自分がチームNの研究生じゃなかったら、多分、キャプテンになってないなって思います。」

吉田 「あ~、そうなんや。」

小嶋 「ああいう、固い、キチッとしたチームで、やまりな(山尾梨奈)さんにバシバシしてもらったからこそ、今の自分がいるから。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「本当に。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME