NMB48吉田朱里 卒業のタイミングについて門脇佳奈子から言われたアドバイスとは?「TEPPENラジオ」

画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年11月6日放送

出演メンバー

石田優美(ゆうみん)
吉田朱里(アカリン)

卒業のタイミングについて

石田優美が東由樹の卒業を止めたという話から・・・

吉田 「何を話したの?」

石田 「『卒業を考えてるんだよね』って言われて。『やりたいこともある』みたいな。でも、NMBでいることで、活かせることもあるじゃないですか。由樹ちゃんならゆきつんカメラもあるし。」

吉田 「うんうん。」

石田 「そういうのもあるし、(NMB48の活動で)目標にしてることもまだあるだろうから、『まだNMBとして頑張ってもいいんじゃないかな?』っていう話をしたら、『うん、じゃあもう一度頑張る』みたいな。」

吉田 「あ~、そうやんな。自分の中で答えを見つけてても、卒業のタイミングなんて分からへんよな。」

石田 「そうですよね。」

吉田 「わたしもすごく悩むけど。自分ではまだかなってずっと思ってて。」

石田 「うんうん。」

吉田 「でも、周りからはどう見えてるんやろ?って思ってて。この前、(門脇)佳奈子に会ったやん。(山本彩卒コンで)1期生が集合して。」

石田 「はいはい。」

吉田 「『卒業とか考えてるの?』って言われて、『タイミングを完全に逃したし、今じゃないって分かってるから、まだだと思ってるけど、どう思う?』って言ったら、『絶対にしないほうがいい』って。」

石田 「あ~。」

吉田 「『絶対に急ぐことはない』って、『今からやと思って頑張り』って言われて。周りからそうやって見えてるんやと思ったら安心するよな。」

石田 「安心する。朱里ちゃんは卒業されたらちょっと困るから(笑)」

吉田 「いやいや、そんなことはないけど(笑)。でも、さや姉があれだけすごいことができるんだから、わたしも何か残さないとなっていうのは思いました。」

石田 「わたし達も支えられるように頑張ります。」

吉田 「今までさや姉が一人で引っ張ってくれてた分が多くて、それにみんながついていってたNMBが、さや姉が抜けたときに、みんなで補おうとすれば、一人一人の力が集まれば、絶対に大きなものになるんだから。」

石田 「うんうん。」

吉田 「“がんばれ”ってことよ。」

石田 「そうですよね。」

吉田 「“起爆剤”ってそういう意味やったんやなって本当に感じる。」

石田 「うんうん。」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!