NMB48安田桃寧 川上礼奈と大段舞依の“ぶりっ子”の違いについて語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年10月2日放送

出演メンバー

安田桃寧(ももね)
山本彩加(あーやん)

川上礼奈・大段舞依との“ぶりっ子三姉妹”について

山本 「一番ぶりっ子なのは誰ですか?(笑)」

安田 「え~、一番ぶりっ子なのは、意外と舞依ちゃんかな。」

山本 「そうなんや。」

安田 「“ぶりっ子三姉妹”は、れなぴょんさんが長女で、舞依ちゃんが次女で、わたしが三女なんですけど。」

山本 「はいはい。」

安田 「舞依ちゃんは、普段から可愛く見えるポイントを探してるらしい。」

山本 「え~、すごい。」

安田 「電車とかで立ってるときも、どうやったら可愛く立てるかとか考えてるらしい。」

山本 「ヤバい(笑)。それはすごいですね。」

安田 「ぶりっ子なのか自分磨きなのか分からへんけど(笑)。到底真似できないなって思って(笑)」

山本 「それはすごい。」

安田 「れなぴょんさんは綺麗なぶりっ子って感じ。」

山本 「本当にね。」

安田 「自分にめっちゃストイックやから。」

山本 「うんうん。」

安田 「わたしは全然ぶりっ子キャラじゃないんで。普通なんですけど、それがぶりっ子なんですかね~?(笑)」

山本 「(笑)。いや~、チームMすごいですよね。」

安田 「思う。よくMに固まったなって(笑)」

山本 「ほんまそれ(笑)」

安田 「でも、実は、れなぴょんさんと舞依ちゃんとわたしで、『抱きしめられたら』っていうめっちゃセクシーなユニットをしたことがあるんですよ。」

山本 「それすごい(笑)」

安田 「“ぶりっ子三姉妹”とか組む前にしたことがあって。たまに映像を見るんですけど、ぶりっ子とか1ミリも漂ってない(笑)」

山本 「(笑)」

安田 「チームMになって(ぶりっ子が)強くなった気がする(笑)」

山本 「面白いですね(笑)」


スポンサーリンク