NMB48小嶋花梨 山本彩加 “さやゆーり”の絡みは見てはいけないものを見てる気持ちになる「TEPPENラジオ」

teppenradio20180925-2
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月25日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
山本彩加(あーやん)

さやゆーり(山本彩 太田夢莉)について

小嶋 「わたし、彩さんと夢莉さんの“さやゆーり”の絡みを、いつも、見ていいのか見ちゃいけないのか、迷ってる。」

山本 「うんうん、分かる(笑)」

小嶋 「いつも、あっ!また“さやゆーり”してる!って思って、パッて見るんだけど、目が合った瞬間にすごい勢いで目を逸らしちゃうの。」

山本 「そうそう。」

小嶋 「あっ!見てはいけないものを見てしまった!!って思って(笑)」

山本 「うんうん(笑)。5期生はけっこうみんなそれを言ってるよな。」

小嶋 「みんな言ってるね。」

山本彩にのろけた

小嶋 「彩さんとユニットをしたときには、もう本当にのろけた。」

(新潟でのチームNライブのユニットで 山本彩 東由樹 小嶋花梨『思い出以上』を披露)

山本 「あ~。でも、あのかっこいい曲で?」

小嶋 「表情はニヤニヤを止めるのに必死だった。ファンの人にも『こじりんとゆきつんは、いつも彩ちゃんの隣にいるとニヤニヤしてるイメージがあるから、よく我慢したね』みたいな(笑)」

山本 「めっちゃ面白いやん(笑)」

小嶋 「いや~、本当に我慢したよ。」

山本 「確かに、好きな人や憧れの人の横に立つとのろけちゃうかも。」

小嶋 「でも、(ステージに)自分がいざ立ってると、憧れの人と立ってる感じっていうのはあんまりなくて、終わった後に映像とか見返して、わたしって本当にメンバーなんだ!みたいな感じで実感することが多いかな。」

山本 「うんうん。確かに。」

小嶋 「歌番組に出たときも、その瞬間は全然普通で、自分が出てる感じは無いのに、いざ終わって、テレビで見返したりしたら、あ~出てたんだな~みたいな。そういうのもある。」

山本 「うんうん。わたし、『阪急電車』の(山本彩と)2人のペアダンスのところは。」

小嶋 「あ~!かっこよかった~!」

山本 「ライブのときはそんなにだったんですけど、MV撮影のときがヤバかった。2人ですごい絡みだから。」

小嶋 「確かに。今までは、ここまでは無かったのかな?」

山本 「そう、無かった。こういう距離感っていうのは。」

小嶋 「確かに。初めてだったね。」

山本 「顔面が、もう何センチぐらいやったやろ?」

小嶋 「1メートル?30センチ?15センチ?」

山本 「10センチとかだったかな。1メートルだとけっこうあるから(笑)」

小嶋 「(笑)」

山本 「だから、そのときはけっこうのろけたかもしれない。」

小嶋 「うんうん。」


スポンサーリンク