NMB48三田麻央 密着番組のナレーションを担当!ドラフト3期生・6期生への思いを語る「TEPPENラジオ」

teppenradio20180911-6
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月11日放送

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)
吉田朱里(アカリン)

ドラフト3期生・6期生の密着番組のナレーションを担当

吉田 「注目は?」

三田 「今、わたしが(ナレーションを)録ったのは、ちょうど6期生ができ始めたところを録ったんですけど。ドラ3が6期生と近いじゃないですか。ドラ3がすごく不安がってて。」

吉田 「うんうん。」

三田 「それをナレーション側から見てると、(目線は)もう母です(笑)」

吉田 「そっか、そっか(笑)」

三田 「わたし、5期生の密着のときもナレーションをさせて貰ってて。」

吉田 「そうやな。」

三田 「そのときも、最初はみんな本当にできなくて。そこから、コメントとかも上手になっていって。」

吉田 「うんうん。」

三田 「そういうのを見てるから、先輩目線っていうよりも、ファンの方と一緒というか、親目線というか。これからこの子達はどう成長していくんやろうなっていう。」

吉田 「うんうん。そっか。」

三田 「だから、『注目は?』っていうより、みんな頑張れ!っていう。」

吉田 「あ~。」

三田 「6期生のオーディションって、メンバーが審査員側として来てて。」

吉田 「そうそう。」

三田 「キャプテンと副キャプテンが来てたから、れなぴょん(川上礼奈)とかあーぽん(沖田彩華)がいるんですけど。威圧感がすごくて(笑)」

吉田 「そりゃそうやんな(笑)」

三田 「れなぴょんとか、もしわたしが初見やったら絶対に怖いっていう感じの風貌やったから。これが1期のオーラなんやなって(笑)」

吉田 「すいません、うちの1期が(笑)」

三田 「(笑)。でも、そういう人達に見てもらえるっていうのが、すごくありがたい環境やなって思いますね。」

吉田 「確かにね。メンバーやからこそ見れる部分もあると思うし。」

三田 「そうそう。」

吉田 「そういうのは確かに大事かも。」

三田 「うんうん。」

吉田 「オーディションから見てると、親心ではないけど、この子はどうなっていくのかなっていう楽しみもね。」

三田 「そうですね。未来を託すっていう意味でもね。」

吉田 「楽しみですね。」

三田 「楽しみです。」


スポンサーリンク