吉田朱里 植村梓 NMB48は先輩後輩の上下関係が厳しくないと感じる事とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180717-6
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年7月17日放送

出演メンバー

植村梓(あずさ)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「争奪戦」

吉田 「わたし、いつも“争奪戦”に参加せずに終わるっていう。」

植村 「何の?何の?」

吉田 「NMBっていつも差し入れとかがきても、あんまり上下関係は厳しくないやん?」

植村 「そうですね。」

吉田 「だから、全然問題無いねんけど。どんどん若い子から取ったらいいよって思ってんねんけど。そんな事を言うまでも無く(笑)」

植村 「(笑)」

吉田 「アイスとかが来たら、みんながバーっていくから(笑)」

植村 「ほんまに早い(笑)」

吉田 「携帯とか触ってたり、メイクとかしてたら、何も無くなってんねん(笑)」

植村 「そう!ほんまにそう!(笑)」

吉田 「全然怒ってないし、育ち盛りの若い子から食べたらいいねん。全然いいねんけど、何も無いねん(笑)」

植村 「本当にすっからかんになってるときもありますよね。これ人数分あったんじゃないの?みたいな(笑)」

吉田 「そうそう(笑)」

植村 「ちょっとこれは改善したほうがいいかも(笑)」

吉田 「『差し入れがきましたよ』ってアナウンスが、お局達には欲しい(笑)」

植村 「そっと置かれると分からないですからね。」

吉田 「食べ物は全然いいねんけど、衣装の髪飾りとかは。」

植村 「あ~、確かに。」

吉田 「NMBは衣装の髪飾りとかも全部早い者勝ちなんですよ。だから、可愛いのが残ってるかなって思って行ったら、何これ?みたいな(笑)」

植村 「分かる(笑)。めっちゃ分厚いカチューシャとか。」

吉田 「そうそう、頭が痛くなるようなカチューシャが残ってたりとか。だから、ぼーっとしてたらあかんなっていう。」

植村 「でも、髪飾りとかは難しいんですよね。(1番初めに行くのは)わたしも申し訳無いから、良い感じのタイミングに行くんですけど。1番初めに行く人はすごいなって思っていつも見てます。けっこう下の子とかがバーって行くから、すごいなって思って(笑)」

吉田 「そうやんな(笑)。わたし、AKBの選抜のほうでは絶対に最後まで行かへんねん。」

植村 「怖いですよね。なんか、申し訳無い感じがしますよね。」

吉田 「うんうん。AKBの選抜に入ったのもここ1、2年やし。様子を見てから行く。(NMB48は)やっぱり大阪の子やなって思う(笑)」

植村 「確かに(笑)。AKBの選抜はそんなに取り合いではないですか?」

吉田 「そうそう、無い無い。上の方(メンバー)とかはもう決まってるねん。衣装さんから聞きに行ったり。」

植村 「あ~、そうなんですね。」

吉田 「でも、NMBは全く(笑)。まあ、みんなが可愛いのを取ってくれたらいいんですけどね(笑)」

植村 「これは改善したほうがいい(笑)」

吉田 「ぼーっとしてたらいつも無くなってるから。2018年はその争奪戦に入れるように頑張っていこうと思って(笑)。これからNMBのオーディションを受ける子はそれぐらいがめつくいったほうが。6期生は(笑)」

植村 「ダメです!わたしが止めます。『先輩からや!!』って言う(笑)」

吉田 「絶対に言わへんタイプやろ(笑)」

植村 「そう、怒れないタイプなんです(笑)」


スポンサーリンク