NMB48吉田朱里 渋谷凪咲に毛糸のパンツを『ダサい』とバカにされたエピソード「TEPPENラジオ」

teppenradio20180109-9
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年1月9日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
吉田朱里(アカリン)

ダサい毛糸のパンツを履いている?

リスナーからのメール「自分では普通だと思ってたけど周りからは変だと言われることはありますか?」

吉田 「わたし、寒いから毛糸のパンツをよく履くんですよ。で、この前、100均で買った黒の毛糸のパンツを履いてたんですよ(笑)」

矢倉 「うんうん。へ~、そういうのも履くんですか?」

吉田 「履く履く。寒いから履いてて。そしたら、公演終わりに、帰りに履こうと思ったら無くて。」

矢倉 「あら。」

吉田 「毛糸のパンツが無い!って思って。」

矢倉 「あれれ、どこいった?」

吉田 「履かないまま帰るのは嫌やな~って思ってて。」

矢倉 「うんうん。」

吉田 「そしたら、机の上にボンって置かれてたんですよ。『あっ!毛糸のパンツあったー!』って言って履こうとしたら、『はい!見つかりました!このダサいパンツの持ち主!』みたいな、言われて(笑)」

矢倉 「え~!言われたん?」

吉田 「なぎちゃん(渋谷凪咲)に言われて。わたしが来るまで、みんなの前で晒しものにされててん、『この汚いパンツ誰のや!』みたいな(笑)」

矢倉 「え~(笑)。あのアカリンさんのが(笑)」

吉田 「わたしは暖かくて気に入って履いてた毛糸のパンツをなんでみんな晒しものにするの!って思って(笑)」

矢倉 「へ~、みんなまさかアカリンさんのやと思ってなかったでしょうね(笑)」

吉田 「なんか、ピンクとか可愛い色のやったら、もし見えたときに『ピンクのパンツや!』って思われるのが嫌やから。まあ黒やったらね。」

矢倉 「まあね。」

吉田 「そう思って黒にしてるのに、そんなこと言われて。」

矢倉 「(笑)」

吉田 「毛糸のパンツって履くやろ?」

矢倉 「履かないです。周りで履いてるの城(恵理子)しか知らん(笑)」

吉田 「え~(笑)。めっちゃ暖かいのに。」


スポンサーリンク