NMB48石塚朱莉 辛い事が好き!楽しい事をより幸せに感じる考え方とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20171128-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年11月28日放送

出演メンバー

石塚朱莉(あんちゅ)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

楽しい事と同じぐらい辛い事も好き

矢倉 「ドMやん(笑)」

石塚 「これはドMだから辛い事も好きっていう感じじゃなくて。」

矢倉 「うんうん。」

石塚 「辛い事があったら、次に楽しい事もあると思うやんか。」

矢倉 「うんうん。」

石塚 「それが楽しみで仕方ないねん。」

矢倉 「あ~、深い。あんちゅってそういうところがあるよな。みんなが言わんようなことを語ってくれるというか。」

石塚 「(笑)。でも、すごく楽しみじゃない?」

矢倉 「うんうん。そういうことね。」

石塚 「例えば、1000円貰えるという事実が未来にあるとして。で、もし今ウンチ踏んじゃったってなったら、後の1000円がより幸せに感じることができるじゃない。」

矢倉 「なるほどね。できればウンチは踏みたくなかったけど。」

石塚 「踏みたくなかったけど、踏まないより踏んだほうが1000円のありがたみが分かるんじゃない?っていう。」

矢倉 「なるほど、なるほど(笑)」

映画『愛のむきだし』が好き

石塚 「わたし、すごく好きな映画があって。『愛のむきだし』っていう園子温監督の映画があるんですけど。」

矢倉 「うんうん。」

石塚 「そこで満島ひかりさんっていう女優の方が。」

矢倉 「あ~、はいはい。」

石塚 「パンチラをするんですよ。」

矢倉 「へ~。」

石塚 「その映画が大好きで。わたしは『下半身が好き』ってよく言ってるんですけど。」

矢倉 「怖い怖い(笑)」

石塚 「『愛のむきだし』を観たから下半身が好きになったんですよ。」

矢倉 「それは良い影響を受けてるの?(笑)」

石塚 「良い影響というか新たな発見というか。『愛のむきだし』すごい面白いよ。」

矢倉 「へ~。」


スポンサーリンク