NMB48古賀成美 進化していく世界が怖い!自分自身を見失って泣いてしまう「TEPPENラジオ」

teppenradio20171031-11
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年10月31日放送

出演メンバー

古賀成美(なる)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

夜中に人生について考えて一人で泣いている

古賀 「これはリアルです。」

矢倉 「どういうこと?なるが泣いたりするの?」

古賀 「わたし、みんなから『なるって昔から泣かへんよな』って言われてて。」

矢倉 「うん。泣いてるところをあんまり見たことない。」

古賀 「『冷めてるよな』とか言われてたんですけど。」

矢倉 「うんうん。」

古賀 「でも、実はめっちゃ涙もろくて。」

矢倉 「嘘やな!わたしの卒業発表で全然1ミリも泣いてなかった!(笑)」

古賀 「違う、違う(笑)」

矢倉 「ゆうみん(石田優美)とか瑠莉奈(西澤瑠莉奈)とかめっちゃ泣いてくれてたで。嬉しい!って思って、パッてなるを見たらカラカラの目で『ふぅちゃん寂しー。』って言われたから(笑)」

古賀 「違うねん(笑)。瑠莉奈が真横にいてずっと号泣してて、それを見て、わたしは冷静にいないとあかんって思って。」

矢倉 「なるほどね。で、人生について考えるってどういうこと?これから先が不安なの?」

古賀 「不安っていうより怖いんですよ。毎日が。」

矢倉 「毎日が?日に日に進化していってるんじゃないの?」

古賀 「それが怖いねん。進化していってる日本が、世界が、地球が、宇宙が!」

矢倉 「怖い、怖い(笑)」

古賀 「だって、時間が止まることなんてないやん。」

矢倉 「うん、進んでるよ。」

古賀 「生きていく中で戻ることなんて一生ないやん。」

矢倉 「うん。」

古賀 「そう考えると、明日の自分は何してるんやろ?とか、未来についても考えたりもするし。」

矢倉 「じゃあ、だいぶ壮大なことを考えてるのかな。」

古賀 「こういうことって考えても考えても絶対に答えなんてないやん。」

矢倉 「うんうん。」

古賀 「だから、たまに自分自身を見失っちゃって。」

矢倉 「(笑)」

古賀 「ベッドの上で頭を抱えながら泣いたり。ずっと時計の針を見て、止まることはないかな?って眺めて、勝手に涙が出てきたりとか。意味が分からんけど、そういうことをやってる(笑)」

矢倉 「(笑)。答えの出ない考えね。」

古賀 「意味分かんないですよね(笑)」

矢倉 「わたしも夜中に寝れへんなるぐらい考えこんだりするのは分かるけど、『時計の針が止まらへんかな?』っていうのは無い(笑)」

古賀 「(笑)」


スポンサーリンク