NMB48植村梓 普通の高校生だったのにNMBに入って周りが変わった?「TEPPENラジオ」

teppenradio20160405
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年4月5日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)
植村梓(あずさ)

去年4月3日、山田菜々卒業公演での劇場デビューから1年

植村 「1年、めっちゃ早かったです。けど、長かったです。」

吉田 「早いけど長い?バカなの?(笑)」

植村 「(笑)。なんか1年間に色んなことが詰め込まれすぎて。だから、あっと言う間やなと思うけど、よく考えたらめっちゃ長いなと。」

吉田 「確かに。毎日を振り返ったらめっちゃ長いやんな。」

植村 「そうなんですよ。」

吉田 「一昨日まで振り返るだけでも、めっちゃ長く感じるもんな。」

植村 「長いです。(食べた)ご飯も思い出されへんぐらい長いです。」

吉田 「そうやんな。でも、楽しい?生活がらっと変わるやん?普通の高校生やったのに。」

植村 「楽しいです。楽しいけど、なんかもう普通じゃないなと思う。」

吉田 「そうやんな、中学校まで普通に生活しててな。全然違う?」

植村 「違いますね。周りも変わった気がする。」

吉田 「色々事件があってんな?(笑)」

植村 「(笑)」

最近は山田菜々に会いましたか?

植村 「最近のチームMのツアー、なんばhatchのときに菜々さんが見に来てくださってて。」

吉田 「そうやんな。来てた、来てた。」

植村 「久しぶりにお会いしました。」

吉田 「何話すん?菜々ちゃんと。」

植村 「『どうなん?』みたいに聞いてもらって、『こうです』って答える、みたいな(笑)」

吉田 「(笑)。ポスト山田菜々やもんな。でも、もっと菜々ちゃんを真似た子が来るんかと思ってたら、全く別のタイプが来て。」

植村 「(笑)」

吉田 「心配しててん。『ポスト』って言われたら、そのレールが敷かれるやん?でも、梓やったから、大丈夫やんって。」

植村 「なんでやねん(笑)」

吉田 「良い意味で、良い意味で(笑)。梓やったから、そのレールに全然そわんと行ってくれたから。なんか安心した。」

植村 「褒め言葉として受け取ります(笑)」

吉田 「褒め言葉、褒め言葉、良い意味でな。」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!