NMB48 渡辺美優紀 仕事を楽しいと思えるほど自信がない「TEPPENラジオ」

milky
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年3月15日放送

・出演メンバー

渡辺美優紀(みるきー)
白間美瑠(みるるん)

スポンサーリンク

・これからの仕事について

仕事について真面目な話がしたい、というトークテーマから・・・

渡辺 「みるはどういうのが理想像なん?仕事は。」

白間 「それが分からへんねん、ほんま分からへんねん。なんかこれからのこと考えれへん。」

渡辺 「女優さんとか、モデルとか。」

白間 「えー、なんか微妙。中途半端。」

渡辺 「自信ないよな、どれに関しても。分かる。」

白間 「そう。演技もめっちゃやりたい!って自信あるわけでも・・・。やりたいけど、そんな強く言えるほど。」

渡辺 「分かる、分かる。そんなにやったこともないし、楽しさも分かるほどできるわけじゃないやん?楽しいと思えるほど自分ができへんから。」

白間 「そうやねんな。ほんまに中途半端。ダンスもめっちゃ踊れるんやったらあれやけど。歌もめっちゃうまいんやったら歌うけど、別にそこまでやし、並って感じやから。」

渡辺 「いやー、お互い悩みますね。」

白間 「悩んでるな。」

・さやみるきーを抜きたい

渡辺 「NMBとしてはどういう感じになりたいですか?」

白間 「まだまださやみるきーに頼ってるとこがあるから、そこ(さや姉、みるきーと他メンバー)の間あるじゃないですか?そこをわたしが抜いていって。任せれるなって思ってもらえるようになりたい。」

・AKBのセンターになりたい

渡辺 「美瑠は48グループで何か目標あるんかな?って思って。」

白間 「48グループ?」

渡辺 「そう。NMBを引っ張るならやっぱり、もっともっとね。」

白間 「チームAの公演をしてみて、やっぱりもっといきたいって。」

渡辺 「じゃあAKBのセンターになったら?」

白間 「なりたい!」

渡辺 「おっ!」

白間 「めっちゃなりたい!」

渡辺 「いいやん。だって今さくらたん(宮脇咲良)がチームA兼任しながらHKTやけど(AKBの)センターしてるやん。」

白間 「そうやんな。」

渡辺 「可能性はいっぱいあるやん。」

白間 「同じステージ立ってて、おー!って。」

渡辺 「ライバル?」

白間 「そう見られるようにね。」

渡辺 「年齢は?」

白間 「同じ歳。」

渡辺 「うわっ!これはきたな美瑠。」

白間 「きたね。だからそう見てもらえるようにね、これからチャンスはいっぱいあるので掴んでいきたいな。」

・これからのNMB48

渡辺 「わたしもいつか卒業するじゃないですか?卒業について話したら、みんなめっちゃピリピリするから(笑)ファンの人とかも。あんまり話したくないねんけど、この流れやから言うと、いつか卒業するじゃないですか?絶対に。そうなったらやっぱりさ、美瑠とか、ふぅちゃんとか、なぎしゅーとかがね。」

白間 「そうやねんな。『いるから大丈夫、安心できる』って思ってもらえるように。」

渡辺 「わたしからしたら、美瑠とか、ふぅちゃんとか、なぎしゅーとかがいるからNMBは大丈夫やと思う。」

白間 「えー!ほんまに?」

渡辺 「うん、ほんまに。」

白間 「思える?」

渡辺 「思ってる。」

白間 「それはうれしいけど、まだ物足りへんな。」

渡辺 「へー。まあ頑張りましょう!」

白間 「頑張ろ!」

・5期生募集について

渡辺 「まあ、(美瑠も)お姉さんになってね、5期生も入ってきますけど。」

白間 「ほんまやな。」

渡辺 「頑張ってな。」

白間 「何で『がんばってな』やねん!?どういうこと?」

渡辺 「頑張ってください(笑)」

白間 「頑張ろ、一緒に!」

渡辺 「頑張りましょう(笑)」


スポンサーリンク