スポンサーリンク

NMB48石田優美 AKIRA先生にめちゃくちゃ怒られた黒歴史を語る「トーク向上委員会」


画像引用 twitterより
「トーク向上委員会」2021年9月4日配信

出演メンバー

石田優美(ゆうみん)
川上千尋(ちっひー)
上西怜(れーちゃん)
前田令子(れいこ)

石田優美の黒歴史『残念少女』

石田 「これはわたしが研究生のとき。アイドルの夜明け公演のユニットですね。」

前田 「うんうん。そうですね。」

石田 「わたしが初めて『残念少女』をやるってなったときの話なんですけど。本番は『よし!上手くいけた』『表現もバッチリいけたわ』って満足してたんよ。」

前田 「うんうん。」

石田 「NMBの公演って終わってから反省会っていうものがあるんですよ。そのとき、ダンスの先生、AKIRA先生が来てたんよな。」

前田 「うんうん。」

石田 「頭4曲やりました。『続いてのユニットコーナーの反省点があります』ってなったときにAKIRA先生が急に怖い顔になって。」

前田 「ほお。」

石田 「『優美、もうお前出んでいいよ』って。」

一同 「えっ!」

前田 「怖っ。」

石田 「言われてん。『何した?わたし』って思って。」

前田 「うんうん。」

石田 「そのときに言われたのが『表現力がなってない』」

前田 「ほお。なるほどね。」

石田 「そのときめちゃくちゃ怒られてん。」

前田 「え~。」

石田 「へこむぐらいめちゃくちゃ怒られて。」

前田 「うんうん。」

石田 「そのときは『表現力いけたと思ってんけどな』と思いながら。なんか、『曲調を壊してる』ってめちゃくちゃ言われて。」

前田 「ほお。」

石田 「『お前次から出やんでいいよ』って言われるぐらい、わたしめっちゃ怒られてたんですよ。」

上西 「全然想像つかないです。」

前田 「いつも褒められてるイメージ。」

石田 「今はな(笑)」

川上 「顔がむかつく(笑)」

一同 「(笑)」

石田 「わたしね、ダンスには自信があったんですけど、表現力が本当にできなかったの。」

前田 「なるほどね。」

石田 「真顔で踊ったり、ダンスさえできればいいやって思ってた人やから。」

前田 「うんうん。」

石田 「それじゃダメなんやと思って。」

前田 「うんうん。」

石田 「そのときDMM配信あったのかな?見てて『あ~、あかんかったんや~』って。で、次も出させてもらってんけど。それからはもうあんまり言われへんくなって。」

前田 「うんうん。」

石田 「『わたしはこんなに表現力で曲調をダメにしてたんや』って。これはマジで思い出に残ってる。」

前田 「へ~。」

石田 「AKIRA先生に初めてあんなに怒られたんちゃうかってぐらい。」

前田 「マジっすか。」

石田 「うん。怖かった。その場にいるのが嫌やったもん。」

前田 「あ~。そうですよね。」

石田 「まあ、いい思い出に変わったけど。ちゃんと表現力もせんなあかんってことに気づけたから。」

前田 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!