スポンサーリンク

NMB48小嶋花梨 ステージでパフォーマンスすることに緊張はなく急遽出演などの『危険な状態のほうがゾクゾクするタイプなの(笑)』「しんしんとダレカのガールズトーク」


画像引用 twitterより
「しんしんとダレカのガールズトーク」2019年11月23日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
新澤菜央(しんしん)

緊張について

小嶋 「わたし、踊ることはすごい好きだから、ステージに立つことに対してあんまり緊張しなくて。」

新澤 「はいはい。」

小嶋 「初日公演とかもめっちゃ楽しんじゃうタイプなの。そのドキドキ感を。」

新澤 「へ~!めっちゃいい。」

小嶋 「急遽出演とかもギャンギャンやりたくて。」

新澤 「(笑)」

小嶋 「そういう危なくて危険な状態のほうがゾクゾクするタイプなの(笑)」

新澤 「すごっ(笑)」

小嶋 「それは多分、自分が『絶対やってやる』っていう自信があるっていうか。」

新澤 「うんうん。」

小嶋 「自分の中で強い思いがあるからで。」

新澤 「うんうん。」

小嶋 「でも、9周年ライブのときは、良い事を喋らなきゃいけなくて。」

新澤 「はい。」

小嶋 「自分の雰囲気でアンコール明けの空気が決まるっていうのと、なんか勝手にプレッシャーを感じてたっていうので久ぶりに緊張したかも。」

新澤 「へ~。」

小嶋 「なんか、喋らなきゃいけなかったじゃんか。」

新澤 「ありましたね。」

小嶋 「まず大阪城ホールでね、あんなピンライト当たって一人で喋る機会なんて絶対ないから。」

新澤 「ないですね(笑)」

小嶋 「『この1年間でキャプテンとして一番大きな仕事だ』みたいな思って(笑)」

新澤 「はい(笑)」

小嶋 「だから、(ライブの)初めに比べて後半になるにつれて顔がどんどん引きつってると思うから、ちょっと早くライブ映像が見たいです(笑)。早く円盤化してください(笑)」

新澤 「楽しみ(笑)。ちょっと見たい(笑)」

小嶋 「めっちゃ緊張してて。」

新澤 「へ~。そうだったんですね。」

小嶋 「そう。ヤバかった。その後、『夢は逃げない』だったじゃんか?喋った後。」

新澤 「そうですね。はい。」

小嶋 「それは真剣に踊ったんだけど。その後、『(青春の)ラップタイム』が聴こえた瞬間に、背伸びっていうか。」

新澤 「あ~、もう気持ちが。」

小嶋 「そうそう。『あ~、終わった~』ってやってて。ゆきつん(東由樹)さんと目が合って笑われた(笑)」

新澤 「(笑)」


error: Content is protected !!