NMB48林萌々香 古賀成美と一番仲が良い!でも足が臭いことが難点?「下北FM」

shimokita-20180726-2
画像引用 twitterより
「下北FM DJ Tomoaki’sRADIO SHOW!」2018年7月26日放送

出演メンバー

林萌々香(モカ)
DJ 大蔵ともあき

古賀成美(なる)について

林  「なるとは“なるモカ”で仲良しなんですけど。わたしがメンバーの中で一番仲良しというか、常に一緒にいるみたいな。」

大蔵 「うんうん。」

林  「2人でいるときも、話すときは話すんですけど、無言のときも全然あって。無言でも苦にならない存在とういうか。」

大蔵 「すごく居心地が良い感じ?」

林  「本当にそんな感じです。姉妹っていうか。」

大蔵 「カップルみたいな感じ?」

林  「まあ、そんな感じなんですかね(笑)。分かんないですけど(笑)。だけど、なるには一つ難点がありまして。」

大蔵 「あるの?」

林  「なるは足が臭いんですよ。言っちゃった(笑)。エピソードがありまして。」

大蔵 「うんうん。」

林  「SHOWROOM配信を2人でしてたことがありまして。」

大蔵 「はいはい。」

林  「なるのお家でやってたんですけど。お家なんで靴は脱いでるじゃないですか。」

大蔵 「うんうん。」

林  「配信中に臭いなってずっと思ってて。」

大蔵 「思ってたけど言わないんだ?(笑)」

林  「配信中やから言わないほうがいいなって思って。」

大蔵 「うんうん。ファンの方も観てるからね。」

林  「でも、けっこうニオイがするから、わたし、鼻をこうやって(鼻を指で押さえる)してたんですよね。」

大蔵 「はいはい。」

林  「そしたら、なるが『どうしたん?』ってなったから、『ちょっと匂うなって思って』って言って。」

大蔵 「そしたら?(笑)」

林  「そしたら、なるは笑ってたんですけど。だから、やっぱり(なるの足が)臭かった(笑)」

大蔵 「(笑)。どんな感じで笑ってたの?」

林  「なるも多分、自分で気づいてたんですよ。でも、わたしには気づかれてないんやろうなっていう。」

大蔵 「あ~、なるほど。」

林  「でも、わたしは気づいてたから、どのタイミングで言おうかなって思って。仕草で表してみたら、分かってもらえたっていう(笑)」

大蔵 「ゆうみん(石田優美)と合うんじゃない?一緒の部屋に入れたら?(笑)」

林  「強烈になりますね(笑)。足のニオイ充満(笑)」

大蔵 「(笑)」

東由樹(ゆきつん)について

林  「東由樹ちゃんは、有名なんですけどカメラがすごいんですけど。」

大蔵 「うんうん。」

林  「メンバーの事をいっぱい撮ってくれて。プロのカメラマンさんと違ったメンバーの良さを出してくれるというか。」

大蔵 「お~。」

林  「メンバーの素の表情を撮ってくれて。ゆきつんが撮ってくれるから、おちゃらけた表情ができたり。」

大蔵 「うんうん。」

林  「ゆきつんは古賀成美ちゃんのことが本当に好きなんですよね。好き過ぎて、最近、楽屋とか裏でも、普段のなるを携帯で写真を撮ってるんですよ。」

大蔵 「寝顔とかは?」

林  「全然撮ってると思いますよ。ご飯を食べてるときとかも、横でずっと撮ってる状態で。」

大蔵 「お~。」

林  「最近、どんどん好きさが増していって、ちょっとわたしは引いてます(笑)」

大蔵 「(笑)。なるちゃんはOKなのかな?」

林  「なるは慣れたんですかね(笑)。びくともしませんね(笑)。普通に生活してます。」

大蔵 「なるほどね。もっとエスカレートしちゃうかもしれませんね(笑)」

谷川愛梨(あいり)について

林  「愛梨ちゃんはみんなから愛されるキャラっていうか。慕われるというか。みんなと仲良くて。」

大蔵 「うんうん。」

林  「愛梨ちゃんはすごく努力家で。久しぶりに公演に出るときも、公演が始まる前にずっと1人で練習したり。」

大蔵 「うんうん。」

林  「キャラはイエーイ!みたいな感じなんですけど。」

大蔵 「そうですよね。」

林  「実際はすごく真面目ですね。」

大蔵 「なるほどね。」

林  「直して欲しいところっていうか、愛梨ちゃんはティシュの消費がハンパなくて。」

大蔵 「へ~。」

林  「一緒の部屋になったときとか、わたしもティシュをよく使うので、もうティッシュだらけみたいな。ゴミ箱がティッシュだらけになったり。」

大蔵 「すごいね(笑)」

林  「あと、愛梨ちゃんのメイクポーチにいつ入れたのか分からない丸まったティッシュが入ってるっていう(笑)」

大蔵 「男っぽい感じなのかな?(笑)」

林  「そうなんですよ(笑)。そういところがありますね。」

三田麻央(まおきゅん)について

林  「まおきゅんは本当に面白くて。ちょっと変わってるんですよね。まあ、変わってるメンバーは多いんですけど(笑)」

大蔵 「まあね(笑)」

林  「今は同じチームなんですけど。同じチームになる前はあんまり喋らなくて。別に仲は悪くないけど、良くもなくて。」

大蔵 「なるほどね。程良い距離感。」

林  「そうなんですよ。まあ、会ったら『おはよう』みたいなのはあったんですけど。で、一緒のチームになって。この前、お泊り会をしたときがあって。」

大蔵 「はいはい。」

林  「そのときに、まおきゅんが『わたし朝起きるの得意やから』『朝は任せて』みたいな感じで言われたんですよね。」

大蔵 「はいはい。」

林  「だから、そうなんやって思って。次の日の朝、アラームが鳴って、わたしはパッて起きれるタイプやから起きたら、まおきゅんがアラームを消してもう一回寝だして。あれ?朝強いって言ってたんじゃないかな?って思って。で、またアラームがまた鳴って、まおきゅんが起きたんですけど、すごく機嫌が悪くて(笑)。朝、全然強くないやん!って思って。」

大蔵 「悪いじゃん(笑)」

林  「で、そのときだけかなって思ったら。この前もホテルが相部屋だったんですけど。そのときも、アラームで起きたのは起きたんですけど。『おはよ~!』みたいな感じじゃなくて、『あっ・・・、おはよ・・・』みたいな感じで、けっこうテンション低くて(笑)。朝、全然強くないやん!っていう(笑)」

大蔵 「言ってた事とはね(笑)」

林  「そうなんですよ(笑)」

林萌々香(モカ)について

林  「自分って何なんですかね(笑)。もともと自分のことを変わってると思ってたんですよ。だけど、NMBに入ったらメンバーはけっこう変わってる子が多いので。」

大蔵 「はいはい。」

林  「だから、自分ってけっこう普通なのかなって。」

大蔵 「あ~。どういう所が変わってると思ってたんですか?」

林  「なんか、一言一言の発言が、『そういう風に思うんや』みたいな。(他の人とは)違う解釈をしてる事が多いというか。」

大蔵 「なるほどね。」

林  「メンバーはけっこうそういう子が多いんで。良かったっていうか、安心できる部分はありますね。」


スポンサーリンク