吉田朱里『河野奈々帆とは同じダンススクール』磯佳奈江『マネージャーと中学の友達が知り合い 』「TEPPENラジオ」

teppenradio20180724-2
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年7月24日放送

出演メンバー

磯佳奈江(いそちゃん)
吉田朱里(アカリン)

世間は意外と狭いなと思ったことはありますか?

吉田 「何かある?」

磯  「わたしは、今いるマネージャーさんが。サッカーをやってた頃、中学校が一緒だった女の子がいるんですけど。その子とマネージャーさんが同じ高校だったらしくて。」

吉田 「へ~。」

磯  「一緒にサッカーをやってたらしくて。」

吉田 「えっ?同い年?」

磯  「マネージャーさんが2個上で。1年生と3年生で被ってて。」

吉田 「あ~、そっかそっか。」

磯  「だから、わたしの友達を知ってるんですよ。」

吉田 「すごい。そうなんや。」

磯  「この間、3人で電話をしました(笑)」

吉田 「面白いな(笑)」

磯  「世間は狭いなって思って。」

吉田 「わたしは、ドラフト3期生の河野奈々帆ちゃんが。わたしがもともと行ってたダンススクールで組んでたユニットがあって。そのユニットが、わたしが辞めた後も続いてたみたいで、二代目とか三代目とかがいて。J Soul Brothersじゃないけど(笑)」

磯  「かっこいい(笑)」

吉田 「その三代目の子らしい。」

磯  「え~!じゃあ、朱里ちゃんは一代目?」

吉田 「わたしは一代目の追加メンバーで入って。一代目がみんな辞めた後に二代目ができたらしくて。その後の三代目にいた子が河野奈々帆ちゃんやねんて。」

磯  「へ~。じゃあ、そこでも先輩ですね。」

吉田 「全然知らなかったから。『え~!そうなん!?』って、それで話が盛り上がった。」

磯  「すごいですね。」

吉田 「びっくりでしたね。世間は狭いな。」

磯  「意外にこういう事がありますね。」

吉田 「あるよな。」

磯佳奈江 地元の友達からプレゼントを貰った思い出

吉田 「(地元に)帰ったらけっこう会う?」

磯  「会いますね。わたしが大阪に行くってなったときに、友達がボードに今までの写真を貼り付けて、『行ってらっしゃい』『大阪で頑張って』みたいなのをくれて。めちゃめちゃ大きいやつをもらって。」

吉田 「めっちゃいいやん。」

磯  「それは今も家の玄関に飾ってあって。嬉しいなって思いました。」

吉田 「いいな。そういうのされた事ない(笑)」

磯  「(笑)」

吉田 「まあ、どこにも行ってないからな(笑)」

磯  「そうそう、これからですよ。もし、行くってなったらね(笑)」

吉田 「この仕事をしてたら本当に友達が減るから(笑)」

磯  「まあ、休みが合わないですからね。不定期ですからね。」

吉田 「そうなんですよね。」


スポンサーリンク