スポンサーリンク

山本彩 ベレー帽を風に飛ばされた思い出・ダンスのときにかぶっていた帽子について語る「山本彩 カケル」


画像引用 インスタグラムより
「山本彩 カケル」2020年6月12日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

帽子について

わたしも好きでね、けっこう持ってるんですよ。けっこう帽子似合うんですよね。自分で言うっていう(笑)。自分で言うなよって感じなんですけど(笑)。

ベレー帽が地味に多いかも。好きなんですよね、ベレー帽。冬。

(あまりいない?)

えっ、全然いますよ。

(絵描きさんみたいな?)

その考え古いですね~(笑)。ベレー帽だけでも5個は持ってるな。

家族旅行でペンションみたいな所に…コテージかな?泊まったときに。そのコテージまで4人乗りのカートに乗ってコテージまで行くみたいなことがあって。冬、風がけっこう強かって、コテージに向かってるときに飛んでいって、ベレー帽が。家族で小一時間ぐらい探した記憶があります(笑)。暗かったから、夜で。ピンとかでとめたらいいいんですけどね、飛ばないようにするには。帽子、ピンでとめますよ。めんどくさいですけどね。

ダンスを小学校2年生から習ってて。大会とかでよく…あっ、大会以外もか、普通にレッスンとかでもみんな帽子かぶってるんですよ。ハンチングがけっこう人気だったのかな?今もそうなのかな?わたしはかぶってて。ハンチングの下によくドゥーラグっていうバンダナみたいな。全然生地とかは違うんですけど、生地だけで言ったらちょっとパンストみたいな感じの(笑)、バンダナみたいなやつを直に頭に巻いて、その上に帽子をかぶったら帽子が脱げないっていうドゥーラグっていうのが。

エミネムとか、あとR&B系のアーティストとかもかぶったりとか。ドゥーラグだけをつけるっていうこともあるんですよ。でも、ダンス界隈ではけっこうドゥーラグをして帽子をして脱げないようにするっていうのがありましたね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!