スポンサーリンク

NMB48清水里香 校則の厳しい女子高に通っていた思い出を語る「インスタライブ」


画像引用 twitterより
「インスタライブ」2020年4月23日配信

出演メンバー

清水里香(りかてぃー)

高校時代について

(コメント「どんなJKだった?」)

え~、特に全然派手なことはしてなかったかな。わたしの行ってた高校がめっちゃ厳しかったんですよ。髪の毛も肩についたら結ばなきゃいけなかったし、制服も全て指定だし、靴下もYシャツも靴も鞄も、もう全部指定だったし。けっこう厳しかったんですよね。携帯も預けないといけなくて、授業中は。

まあ、楽しめる範囲で楽しんではいたけど。例えば、友達と体育館で放課後、全然できないバスケをしたりとか。あとは、踊ったり、みんなでダンスしてたりとか。とりあえずみんなでひたすら喋ったりとか。

女子高で私立だったので。あっ、メイクもしちゃいけなくて、学校。だから、めっちゃちゃんと学校行ってましたよ(笑)。卒業もしたし、ちゃんと。NMBと両立大変だったんですけど、関東の高校だったので。だから、逆に頑張った。部活もしてたしね。部活、わたし、兼部してたんですよ。軽音楽部とダンス部入ってたから。「今しかない、高校生活は」って思って。一瞬で終わっちゃった。ちゃんとテスト勉強とかもしてましたしね。

(コメント「私立の校則はえぐい」)

そう。私立の校則ってえぐいんですよ、本当に。何かちょっとやらかしたら原稿用紙3枚反省文とか当たり前だったしね。だから、全然みんなが想像してるような、イケイケ、めっちゃ遊んだJKって感じではなかったかも。どちらかというと学校行事とか学校の事を本気で楽しんでた系JK。分かります?(笑)学校の外っていうよりも、学校の中でどれだけみんなで楽しめるかチャレンジみたいな感じだった(笑)。地元の高校じゃなかったから、高校から外に出たら遊べないんですよ、みんな帰る方向も違うし。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!