スポンサーリンク

NMB48安田桃寧 小嶋花梨プロデュース公演はみんなの思いが統一できた!その理由とは?「SHOWROOM」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2019年4月9日配信

出演メンバー

安田桃寧(ももね)

小嶋花梨プロデュース公演について

色々、セットリストとか、「なんでこうしたのか」とか、理由を聞いてやる公演は初めてかも。

今までは秋元先生が考えてくださった曲にセットリストに、「これはこうなんかな?」って、みんな我流で考えたものをやってたけど。

今回のこじりんの(公演)は、こじりんが「こうしたい」っていう思いを直接聞くことができたから。みんなの思いも統一できたし。やってて、また違った面白味があります。NMBの曲ばっかりやりしな。

小嶋花梨プロデュース公演曲『生徒手帳の写真は気に入っていないの法則』について

あの振り付け、意外と難しいねんで。『生徒手帳』が一番難しったかも、あの公演で。他の曲はやったことあんねんけど、『生徒手帳』だけやったことなくて。振りもめっちゃややこしくて、難しかった。

でも、もともとめっちゃ好きやったし、ストーリーとかも入ってきやすいから、分かりやすいから好き。

『げいにん!』の(大喜利)もやってたよな。その面白いところも、こじりんはNMBを好きになったきっかけやったから。「そのお笑い要素を取り入れたくて」って言って。

小嶋花梨プロデュース公演曲『難波愛』について

『難波愛』もフルやで。『難波愛』のフルってもともとなくて、振り付けが。だから、AKIRA先生が、ワンハーフしかなかったけど、フルバージョンを考えてくださって。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME