スポンサーリンク

NMB48三田麻央 AKIRA先生は『NMBの魂です』スタッフそれぞれへの感謝を語る「Voicy」


画像引用 twitterより
「Voicy」2019年2月18日配信

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)

スタッフについて

今日(卒業公演)、スタッフさんもたくさん観に来てくださってて。関わらせて頂いた方々、みんな、本当に何でそんなに良くしてくれるんだろう?って思うけど。やっぱり、それは、NMBに関わる方、全て良い人で、メンバーも良い子で、その中でわたしが活動させて頂いてたからこその結果なのかなって思います。

いや、本当にスタッフさんが良い人でね。劇場スタッフさんも本当に親身になって、劇場公演を良いものにしようとしてくれてて。どんなメンバーのわがままとかでも、「良くするためなら」って聞いてくれたりとか。ときには、厳しく叱ってくれたりとか。本当に親のような存在なんですよね。

ダンサーさんもね、AKIRA先生含め、ダンサーさん何人かがね、いつも付いて見てくださってるんですけど。夜遅い、長い時間、ちゃんと公演を毎回見て、その場で生で見て、反省会を付き合ってくださって。もうNMBの魂ですよ、ダンサーさん方は。

AKIRA先生がそうだよね。初期からずっとやってくれてて。今日も見てくださってたんですけども。いや~、NMBの魂です。

メイクさんも本当に良い方々ばっかりで。同性やからこそ、本当にメンバーと近い距離でたくさんお話してくれて。わたしなんか、(髪型が)ウルフで、他にウルフのメンバーがいないから、わたしがすごい分かりにくい、細かい要求ばっかりしちゃってて、でも、それに全部応えてくれてて。前髪もメイクさんがいなかったら切れないから、「どうしよう!」ってなってるし(笑)。

最後も「まおきゅん、最後、時間あったら来てね」って言ってくれて。行ったら、「みんなで写真撮ろう」って。卒業のお祝いも頂いたし。本当にこれからも関係を続けていきたいなって思える人達です。

衣装さんもわたしの好みを全部把握してくれてて。わたしが「フードを好き」って言ったら、フードをつけてくれたりとか。「帽子とかが好きなんです」って言ったら、ハットとかベレー帽とかキャップとか作ってくれたりとか。

わたし、実はヒールがすごい好きなんですよ。ヒールの靴が好きで。どうしても踊りやすさを重視するとスニーカーとか、ヒールの少ないブーツとか、ヒールの少ないサンダルとかになっちゃうんですよ。

まあ、サンダルは仕方がないんですけども、ブーツとかスニーカーとかの場合は、わたし、中敷入れてるんですね。中敷っていのうのは、靴が大きかった場合に底に入れるとピッタリになるよっていう物なんですけど。その中敷のヒールバージョンをいつも入れてもらってたんですね。ヒールが好きだから。

で、そういうのもちゃんと分かってくれてて。新しい衣装になると絶対にその中敷が入ってるんですよ。「衣装さん、また入れてくれてる~!」って話をしてたし。今日の公演もあのブーツ、実はわたし、ヒールの中敷が入ってるんでね、底上げしております(笑)。

マネージャーさん。マネージャーさんは一番メンバーの近くにいて、一番メンバーのことを見てくれる方々で。だからこそ、ぶつかり合うことがたくさんあったし。「なんでこういうことを?」っていうのがお互いあって、すごい全部をさらけ出した記憶しかないんですけど(笑)。

でも、そういうのも全部受け止めてくれて。「じゃあ、良くするには」って話し合ったことも何回もありますし。いや~、本当に出会えて良かった。全部のスタッフさんに支えられてました。NMB人生で。幸せだった。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!