スポンサーリンク

NMB48南羽諒 ナンバトル公演で『床の間正座娘』のダンスをA-NONさんに褒められていた「じゃんぐるレディOh!」


画像引用 twitterより
「じゃんぐるレディOh!」2021年4月1日放送

出演メンバー

南羽諒(はあさ)
中野美来(みらい)
菖蒲まりん(マリン)

南羽諒の嬉しい1曲『床の間正座娘』

南  「これはわたしの初選抜の曲で。」

菖蒲 「そうですね。おめでとうございます。」

中野 「おめでとう。」

南  「ありがとう。もうめちゃめちゃ嬉しくて。初め、知ったときはもう驚いて。」

中野・菖蒲 「うんうん。」

南  「やっぱり涙が出ました、嬉しくて。」

中野 「そうなんや。」

南  「そう、嬉しくて。」

菖蒲 「そりゃ出るわ。」

南  「ちょっと変わった曲じゃないですか。」

菖蒲 「そうだね。」

中野 「めっちゃ変わってる。それも思い出?」

南  「そう。『床の間正座娘』をやるたびに嬉しかったあの感情を思い出す。」

中野・菖蒲 「うんうん。」

中野 「ナンバトルでもやってましたね、『床の間正座娘』」

南  「そう。」

中野 「審査員のA-NONさんに、羽諒の『床の間正座娘』のダンスの体の使い方がめっちゃいいって褒められてた。」

南  「そう!褒められたの!」

菖蒲 「すごい。」

中野 「余計に嬉しいね。」

南  「そう。めちゃめちゃ嬉しかったです。」

南羽諒の悔しい1曲『片思いの対角線』

南  「これは実際に歌ったんじゃなくてバックダンサーだったんですけど。」

中野・菖蒲 「うんうん。」

南  「バックダンサーの初日メンバーのオーディションをやったりだとか。無事出れたんですけど、あの衣装ってすごいヒールが高くて。」

中野 「うんうん。」

菖蒲 「高かったね。」

南  「踊るのが大変じゃないですか。」

中野 「うん。大変。」

南  「わたし、体幹がないほうなので、ヒールに慣れてなくてフラフラしたり。『なんでこんなにできへんねんやろ?』っていうのが悔しくて。でも、その悔しいと思えた分、めっちゃ練習して、頑張れたなっていう思い出があります。」

中野 「みんなヒール履きながら生活してたもんね。」

菖蒲 「うんうん。生活してた。」

南  「みんな足の裏にマメ作って。」

菖蒲 「頑張ったね。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
じゃんぐる レディOh!
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!