スポンサーリンク

木下百花 公演プロデュースでNMB48劇場に呼ばれた感想を語る「Music Bit」


画像引用 twitterより
「Music Bit」2021年7月5日放送

出演メンバー

遠藤淳
吉田朱里
木下百花(リモート出演)

公演プロデュースでNMB48劇場に

吉田 「なんやかんや優しいんですよ、百花は。」

遠藤 「分かる、分かる。」

吉田 「この前もNMBに行ってたやん。」

木下 「行ってたよ。マジで何や?あれは(笑)」

遠藤・吉田 「(笑)」

木下 「どういうつもりや?って思って(笑)。これほんま言っていい?大人おるやろ?Showtitleの。」

吉田 「うん。めっちゃおる(笑)」

遠藤 「生放送やぞ、一応(笑)」

木下 「言っとくで、刺青の女をNMB劇場に呼ぶ奴どこにおんねん、ほんまに(笑)」

遠藤・吉田 「(笑)」

木下 「呼んだらあかんで、ほんまに(笑)」

遠藤 「アイドルの神聖な場所にね(笑)」

木下 「『これあかんで』って思って行ってましたもん、わたし(笑)」

遠藤 「一応、自主コンプラやったんやね(笑)」

木下 「そうですよ(笑)」

吉田 「でも、NMBにとっては良い刺激だったんじゃないですか。」

遠藤 「ほんまにそう。」

木下 「プロデュース公演をやらせてもらって。」

吉田 「ないもん、あんなにはっちゃけること。」

遠藤 「そうやろうし、卒業後のビジョンをみんなが描いていく中での1つの選択肢に木下百花という存在の道みたいなのも。」

吉田 「『いいんや』って。」

遠藤 「そうそう。」

木下 「あかん、あかん(笑)。やめといて(笑)」

遠藤 「でも、それっておもろいと思う。48グループの中でNMBがそういう存在であっても僕はいいのかなってちょっと思ったしね。」

吉田 「まあね、ちょっと外れてきたんだから(笑)」

木下 「何て言うか、まあ、タトゥーはあるにしろないにしろ、そういう話じゃなくて、『自分の好きなことをここまでやってもいいんや』っていうふうには見られてもいいかなっていうのは思う。後輩メンバーがそこを見て。」

遠藤・吉田 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
Music Bit
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!