スポンサーリンク

山本彩 “さや姉”というニックネームは誰が最初に呼び始めた?「アッパレやってまーす!」


画像引用 twitterより
「アッパレやってまーす!」2019年2月25日放送

出演メンバー

山本彩
濱口優(よゐこ)
有野晋哉(よゐこ)
鈴木拓(ドランクドラゴン)

“さや姉”というニックネームについて

山本 「海外の方とかで、冗談か真面目か分からないですけど、”サヤシスター”って呼んでくれる人がいました。」

一同 「へ~。」

濱口 「『サヤシスター!』って?(笑)」

山本 「『サヤシスター!サヤシスター!』って。」

一同 「へ~。」

有野 「言いにくくなってるよな(笑)」

山本 「そうですよね(笑)」

濱口 「本気なのかな?冗談なのかな?」

山本 「どうなんでしょうね。」

濱口 「面白いね。」

鈴木 「やっぱりそういう雰囲気があるんじゃないですか?“お姉ちゃん”というか。」

山本 「そうなんですかね。」

鈴木 「はい。」

有野 「オネエの感じな。」

山本 「オネエじゃないですよ(笑)」

有野 「(笑)」

鈴木 「なんかありますよね、“姉御肌”というか。“姉御”って言われたこともあるでしょ?」

山本 「まあ、でも、グループにいたときは、年が上のほうだったので。」

鈴木 「多分、年が上なだけじゃないと思いますよ。さや姉が15歳でも“姉御”って思いますもん。」

山本 「そうですかね。」

鈴木 「はい。」

有野 「一番年長じゃなかったでしょ?」

山本 「ではなかったですね。」

鈴木 「なのに“さや姉”でしょ?」

山本 「はい。」

有野 「誰が“さや姉”って言い出したの?」

山本 「最年少メンバーが。」

有野 「当時の?」

山本 「はい。」

有野 「へ~。」

山本 「初めは、最年長のメンバーのことを。山田菜々っていうメンバーが最年長だったんですけど、“なな姉”って呼んでたんですけど。なんか違うなってなって。」

鈴木 「はいはい。」

山本 「で、“さや姉”ってわたしのことを呼び出したメンバーの呼び方が広まって、“さや姉”になりました。」

一同 「へ~。」

有野 「“なな姉”ではなかったんや。」

山本 「はい。わたしのほうが“姉”っぽかったみたいです。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
アッパレやってまーす!
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!