スポンサーリンク

NMB48山本彩加 自身のアイドル論を語る『“弱音吐いていいんだよ”とかって言われるんですけど…』「次は~新福島!」


画像引用 twitterより
「次は~新福島!」2020年12月16日放送

出演メンバー

山本彩加(あーやん)
福島暢啓(MBSアナウンサー)

自身のアイドル論

福島 「アイドル論みたいなものもご自身の中にあるのかなと思うんですけど。」

山本 「アイドル論。わたしは常に人に笑顔になってもらったりだとか、元気を与えられる存在でありたいと思うので。」

福島 「うんうん。」

山本 「なんか、『弱音吐いていいんだよ』とかって言われるんですけど。」

福島 「うんうん。」

山本 「わたしはどちらかというと心配をかけるよりもわたしのおかげで元気になれたりとかしてほしいなって思うので、ファンの方には。」

福島 「うんうん。」

山本 「わたしは、だから、常に元気を与え続けるアイドルでありたいなっていうのはすごい自分の中でありますね。」

福島 「ほお。」

アイドルをやっていて一番楽しい瞬間

福島 「本当、アイドルの方って仕事の幅が広いじゃないですか。」

山本 「広いですね。」

福島 「歌手としてやる人もいれば、踊りを極める人もいるでしょうし、モデルさんという仕事もあれば、女優さんという仕事もあったり。まあ、色々あると思いますけど。」

山本 「はいはい。」

福島 「『これ、わたしやってるとき楽しいな』っていうのはあったりするんですか?まあ、全部楽しいでしょうけど、もちろん。」

山本 「はい。でも、やっぱりアイドルとしてステージで踊ってるときっていうのは、何を比べても勝てないぐらい、あれは楽しいですね。」

福島 「あ~、そうですか。何が楽しいんですか?それは。」

山本 「踊ってるっていうのだけじゃなくて、多分、ファンの方のペンライトがあって、そして、声援があってっていう、あの熱気に包まれた感じがすごい楽しんだろうなって思って。」

福島 「あ~。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!