スポンサーリンク

NMB48渋谷凪咲 オーディションのときは根拠のない自信があり母親を先に帰らせて合格した「夕方NMB48」


画像引用 twitterより
「夕方NMB48」2020年2月20日放送アフタートーク

出演メンバー

渋谷凪咲(なぎちゃん)
安田桃寧(ももね)
泉綾乃(あーのん)
杉浦琴音(ことちゃん)
山崎亜美瑠(あみるん)
出口結菜(ゆいな)
盛山(見取り図)
リリー(見取り図)

最終オーディションのときは根拠のない自信が

渋谷 「元々NMBは好きやったんですけど。友達が『受けるから一緒に受けへん?』みたいな感じで受けて。」

リリー「あ~、そのパターン。」

渋谷 「で、最終審査のときに…。なんか、最初はずっと『受かるわけないわ~』やったんですけど、一次、二次、三次って受かっていって、『あ~、受かった』って思って。最終審査が、1回ダンス審査みたいなのをして、『そこからちょっと時間空きます』って、『その後に受かる人だけ残っといてもらいます』みたいな感じやったんですよ。だから、オーディションに行ったときに、お母さんと一緒に行ってたんですけど、お母さんは外で待ってて、お母さんが『受からんかもしれへんな』みたいな言ったけど、『いや、凪咲、多分受かると思うわ』って言って、『受かると思うから先帰っといて』って言って帰らせて、(審査を)やったら受かりました。」

リリー「へ~。」

盛山 「かっこええな。」

渋谷 「はい(笑)」

盛山 「すごい。本田圭佑のエピソードみたいやな(笑)」

一同 「(笑)」

盛山 「『わたし、多分受かってるわ』と。」

渋谷 「はい。」

盛山 「なんかそれは面接とか審査のときに確信めいたものはあったん?」

渋谷 「いや、全然ないんですけど。『なんか受かるな』みたいな思って。本当、根拠のない自信でした。」

盛山 「やっぱ、言霊、ありますね。」

渋谷 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME