スポンサーリンク

NMB48安部若菜 難波新鮮組公演では『センターをしたくない』という気持ちもあった?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2021年7月30日放送

出演メンバー

安部若菜(わかぽん)

難波新鮮組公演について

4年目なんですけど、アイドルになって。色んなライブがあったんですけど、その中でも1番全身全霊をかけて挑んだライブで。センターをさせていただく曲がけっこう多くて。本当に最初はセンターをしたくなくて。怖いし、そんな責任を背負いたくないっていう気持ちもあったんですけど。

やっぱりやっていくうちに、もちろんさせていただくことはめっちゃ嬉しいことやし、ここでちゃんと結果を残したいって思うよになって。そこからは、絶対に負けたくないから、とりあえず「練習だけは誰よりもした」って言えるようになろうっていう気持ちでやってましたね。

昼公演と夜公演で対決をしてたんですけど。見事にわたしのいる夜公演の難波一番隊が勝利しまして。ほんまに嬉しかったです。ありがとうございます、投票してくださったみなさん。8月14日の次世代コンサートで1曲披露させていただけるんですけど。この投票結果が出た瞬間、難波一番隊のLINEグループがあるんですけど、そこでみんなで「おめでとう」「ありがとう」っていうのが飛び交ってて。みんな喜んでてすごく嬉しいし。1曲披露するのが楽しみやなって今からワクワクしてます。まだ何の曲をするかは決まってないと思うんですけど、それを話し合ったりするのも楽しみなので。

みなさん、次世代コンサートも是非是非ご覧ください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!