NMB48河野奈々帆 だんさぶるに加入した経緯を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2021年7月9日放送

出演メンバー

河野奈々帆(ななほ)
安部若菜(わかぽん)

スポンサーリンク

だんさぶるに加入した経緯は?

安部 「気になってた。だんさぶるが結成された直後、ちょっと心配したもん、奈々帆のこと。」

河野 「入ってすぐやもんな。1年も経ってなかったときやから。」

安部 「そうやんね。半年ぐらい?」

河野 「多分そのぐらい。わたし、入ったときほんまに生意気で。好きな先輩がおったらめっちゃ喋りかけに行くみたいな(笑)」

安部 「行ってたな。コミュ力すごかった。」

河野 「卒業されたんですけど、古賀成美さんにしつこくつきまとったり(笑)」

安部 「(笑)」

河野 「本当に生意気で(笑)。その頃に冠ライブ的なものがあったんですよね、初めて。」

安部 「あ~。十番勝負みたいな。」

河野 「そうそう。そのときに、石田優美さんに『わたし優美さんとダンスの何かをやりたいです』って言ったんよ。」

安部 「へ~。すごい。」

河野 「それがきっかけで。優美さんが『今それを考えてて』『また言うね』みたいな感じで。そこからだんさぶるに入ったんですよね。」

安部 「そうやったんや。」

河野 「そう。自分から言ったからかな。」

安部 「へ~。自分からか。」

河野 「そう。」

安部 「その前にもさ、山本彩さんの卒業コンサートでダンスメンバーでやってたのも。」

河野 「あ~。『野蛮な求愛』をやったんですけど。」

安部 「それもきっかけ?」

河野 「あれも自分から言ったんですよね。」

安部 「そうなん?」

河野 「研究生公演が終わった後にたまたま彩さんがいて。」

安部 「うんうん。」

河野 「マジで今考えたらヤバい奴なんですけど、ちょっと遠回しに(笑)、『彩さん、卒業コンサートで野蛮な求愛やるんですか?』って聞いて。」

安部 「うんうん。」

河野 「『やるよ。出る?』って言われて、『出ます』って言って(笑)」

安部 「え~!そうやったん?」

河野 「そう。それがきっかけなんですよ。」

安部 「自分から行ってたんや。選ばれたんかと思ってた。」

河野 「でも、なんか、他のメンバーさんもすすめてくださってたみたいで、先輩が。」

安部 「そうなんや。」

河野 「『奈々帆がいますよ、ダンスできるメンバー』って。」

安部 「うんうん。へ~。かっこいい、自分から行くの。」

河野 「まあ、生意気やったけど、そのときの自分ナイスって思いました(笑)」

安部 「ナイスすぎるよ。めっちゃいいことじゃない?自分からガンガン行くのは。」

河野 「うん。そこで見つけてくださった方もいたし、そこからのだんさぶるやったから。」

安部 「そうやんな。」

河野 「すごい良い経験というか。よかったなって思います。」

安部 「かっこいい。だんさぶるの経緯。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME