スポンサーリンク

NMB48山本望叶 吉田朱里と横野すみれと一緒にユニットをやるときに苦戦したことを語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年12月25日放送

出演メンバー

山本望叶(みかにゃん)
山本彩加(あーやん)

吉田朱里卒コンで吉田朱里と横野すみれと『抱きしめられたら』を披露

彩加 「すごいメンツやなって思ったけどね。」

望叶 「そうなんですよね。嬉しかったですね。」

彩加 「しかも、あのコーナーがBIDOLのリップとコラボというか、演出だったんですけど。」

望叶 「そうです、そうです。」

彩加 「どうでした?」

望叶 「ドレッサーを置いて、そこにカメラをつけて、そこに座って歌うみたいな演出で。めちゃめちゃ可愛い演出にしてもらって。」

彩加 「うんうん。」

望叶 「でも、アカリンさんもすーちゃんもセクシーじゃないですか。」

彩加 「そうやな。」

望叶 「色気があるから。『どうやって色気を出そう?』っていうのに苦戦しましたね。」

彩加 「あ~。で、導き出したのは?」

望叶 「あの、頑張って体をクネクネさせました(笑)」

彩加 「クネクネ大事(笑)」

望叶 「はい(笑)」

彩加 「わたしたちも最初、チームMさんの公演に跨ぎをさせてもらうことが、けっこう5期のメンバー多くて。そのときに『口移しのチョコレート』がけっこう大人っぽいから。」

望叶 「うんうん。」

彩加 「『あれはどうやろう?』って考えたときに、みんな、『クネクネしたらいいかな?』みたいな(笑)」

望叶 「そうなんですよね(笑)」

彩加 「なかなか慣れてないときの決断はだいたいそこに(笑)」

望叶 「『クネクネしよう』っていう(笑)」

彩加 「そう(笑)。至りますね(笑)」

望叶 「はい(笑)」

彩加 「クネクネ大事です(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!