スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 ラストシングルで初センターの心境・MVでメンバーの衣装やメイクを監修した理由を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年11月6日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)

自身にとってはラストシングル『恋なんかNo thank you!』で表題曲初センター MVでは各メンバーの衣装やメイクを監修

10年やってても、初めてのセンターとなるとこんなにも緊張するもんなのかと思いましたね。わたし、いつも前の人の振り付けを見て一生懸命踊ってたので(笑)。前に人がいないのはダンスも間違えられないし、すごい緊張したんですけど。

あと、自分だけが目立つセンターじゃなく、せっかくやからNMBに何か残したいなっていう気持ちがすごいあったので。今回は自分っぽさも出せるように衣装の監修とかメイクの監修とかをやらせてもらったけど。

メンバーみんなが今までで一番可愛く映るようなミュージックビデオになればいいなっていう思いを込めてやったので。もう、みんなすごい可愛くて。一人一人の顔面を拝めましたね。本当に幸せでした。

で、“プロデューサー吉田朱里”って見えるように。プロデューサーっぽく見えるようなわたしの衣装だったりとか、映像の映し方だったりとかで。今後にも繋がるし、最後に素敵なことをやらせてもらえたなって思って、わたし的にはすごく嬉しかったし。

歌詞がね、『恋なんかNo thank you!』すごくよくて。失恋ソングなのに明るいメロディーの曲、わたしめっちゃ好きなんですけど。自分の卒業曲はそういうのがいいなって思ってたから、すごくよかったです。

NMBの卒業ソングはけっこう男性目線の曲が多いんですけど。わたしだからか、今回女性目線の曲で。恋してる女の子とか失恋した女の子たちに共感してもらえたら嬉しいなって思うような歌詞になってますね。

すごい分かる。最後ってなると本当にいいとこばっかり見えてきちゃうんですよ。“恋”じゃないですよ、わたしの場合(笑)、NMBも「しんどいな」って思うこといっぱいあったのに、最後ってなると全部が全部いい思い出で。ちょっとぐらい嫌な思いをさせてくれたほうがスッと辞めれるのに。最後になればなるほど好きになるっていう感じが、この曲とすごいマッチしてて。わたしにとって大切な曲になりましたね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!