スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 後輩メンバーの悩みに対してまずは肯定して怒らずにアドバイスしてあげる理由とは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年9月18日放送

出演メンバー

石塚朱莉(あんちゅ)
吉田朱里(アカリン)

石塚朱莉 アカリンの部屋で吉田朱里と話して無敵になった感じがした

吉田 「そうなん?(笑)」

石塚 「もう無敵でしたよ。」

吉田 「めっちゃ話したよな、あの3人(石塚朱莉 加藤夕夏 井尻晏菜)。」

石塚 「めちゃくちゃ話して。しかも、あの3人だけけっこうガチな話をしちゃって(笑)」

吉田 「そうそう(笑)」

石塚 「『どうしたらいいんですか?』『ああしたらいいんですか?』っていうのを聞きに行って。その前の(前田)令子たちの回も聞いてたんですけど。『人見知りです。どうしたらいいですか?』とか、『ネガティブです。どうしたらいいですか?』みたいなのを聞いてて。明るい前向きな答えしかくださらないんですよ。良い事しか言わなくて、この人。」

吉田 「(笑)」

石塚 「良い事しか言わなかったんですよ。」

吉田 「悪い事言ってどうすんのよ(笑)」

石塚 「だから、それを聞いて、『下ばっか見ないで上ばっか見たほうが絶対いい』って思ったから。」

吉田 「うんうん。」

石塚 「『いけるわ』『勝てるわ』って思ったんですよ、その瞬間に。」

吉田 「ほんまに?(笑)」

石塚 「そうそう。」

吉田 「よかった。」

石塚 「だから、それ以来、わたし猫背だから『ちゃんと胸張って歩こう』って思ったりとかできたから。」

吉田 「うんうん。よかった(笑)」

石塚 「全編見てください。」

吉田 「アーカイブ残してるんですよ。見てほしいよな。」

石塚 「マジで見てほしいです。」

吉田 「メンバーが今何に悩んでるのかとか、ファンの人も分かると思うし。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「わたし、アカリンの部屋をやって思ったけど、『聞いてあげないと』って思った。」

石塚 「あ~、たしかに。悩みは尽きないですもんね。」

吉田 「尽きないやん、こんな仕事してたらさ。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「しかも、こんな時期にさ。」

石塚 「本当に。」

吉田 「でも、それを言える人が中々いなかったりとか。メンバーとも中々会えへんかったりとかさ。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「で、メンバーと話してたら、同じぐらいの歳の子とか同期とかと話したらさ、悩みが、大人じゃないまだ子供の悩みが、解決しようとしても、ただ愚痴っぽくなっちゃうから。」

石塚 「あ~、たしかに。」

吉田 「すっきりはしても、上がれないというか、進めない。」

石塚 「たしかに。そうですね。」

吉田 「っていうのがあるから。マネージャーさんとか先輩メンバーとか。ファンの人でもいい。寄り添ってあげる。まずは肯定してあげる。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「だって、その子はそれで悩んでんねんからさ、怒ったってしょうがないわけよ。ただただ落ち込んでるのに更に追い打ちかける必要はなくて。」

石塚 「本当そうですよね。」

吉田 「『あのとき寄り添ってくれたから気づけた』とかあるけど、ただただ怒られて、離れて行った人、嫌いやもん(笑)」

石塚 「まあ、そうですよね(笑)」

吉田 「嫌いやもん。まあ、でも、『今思ったらあの人の言う事も正しかったな』と思う事もあるけど、嫌いやった、そのときはめっちゃ(笑)」

石塚 「(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!