スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 チームNには若い子が多いと実感したエピソード「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年3月24日放送

出演メンバー

川上千尋(ちっひー)
吉田朱里(アカリン)

チームN公演初日から1年

吉田 「1年を振り返ってどうですか?」

川上 「チームの絆っていうのが、1年前よりは深まったなっていうのは思います。」

吉田 「たしかに、たしかに。」

川上 「うん。」

吉田 「Nは最初っから割とまとまりはあったからな。」

川上 「そうですね。」

吉田 「メンバーがすごい入れ替わってる割にはな(笑)」

川上 「ベテランとか言ってたけど、めっちゃ若くないですか?今。」

吉田 「うん。一番フレッシュなチームちゃう?(笑)」

川上 「ですよね(笑)」

吉田 「わたしがおることによってそのフレッシュさをかき消してるかもしれんけど(笑)」

川上 「まだ若いじゃないですか(笑)」

吉田 「無理なんです(笑)」

川上 「(笑)。でも、すごい若いなって思いました。」

吉田 「若いよな。だってな、アンコール1曲目が『星空のミステイク』っていう曲なんですけど。」

川上 「うんうん。」

吉田 「上手と下手から走ってきてハイタッチするんですよ。」

川上 「うん。」

吉田 「わたし、一番最後、走ってくるの。」

川上 「うん。」

吉田 「一番最後の人はみんなが出ていくときの幕を開けとかないとあかんねんな。」

川上 「うん。」

吉田 「で、開けてたら、全員ドラ3以降の後輩で。びっくりした(笑)」

川上 「ねえ(笑)」

吉田 「『若っ!』みたいな(笑)」

川上 「ヤバいな(笑)」

吉田 「ほんだらな、向こうからお局がいっぱい走ってくんねん(笑)」

川上 「(笑)」

吉田 「そういうことやん(笑)。だって、半分以上こっちに若い子いるからさ(笑)」

川上 「最後の3人ぐらいお局で(笑)」

吉田 「そうそう(笑)」

川上 「めっちゃ面白い、あれ(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME