スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 大段舞依 『シャワーの後だから』はリハーサルのときに“エロの押し売り”と言われていた「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月2日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
吉田朱里(アカリン)

チームN公演のユニット曲『シャワーの後だから』について

吉田 「リハーサルのときは“エロの押し売り”って言われてたんですよ(笑)」

大段 「そう、言われたんです(笑)」

吉田 「そこから、歌詞をちゃんと読んで。『わたし達は準備万端なのに』って(笑)、『準備はもうできてるのに』って(笑)」

大段 「そう(笑)。『どうして振り向いてくれないの?』っていう気持ちでね。」

吉田 「そうそう。ちょっと切なさもあって。」

大段 「そう。」

吉田 「これからわたし達は、どんどん“いい女計画”をね(笑)」

大段 「そう(笑)。立てていきましょう。」

吉田 「そう、立てていかないとあかんから(笑)」

大段舞依がダンスの先生に「いい女感が出てる」と言われた

大段 「そう、嬉しい。」

吉田 「わたし、その後で、DMMでちゃんとまいちをチェックしたら、『あ~!なるほど!』って勉強になった。」

大段 「え~!本当ですか?(笑)」

吉田 「うん。『やっぱり姉さん違いますわ!』って思って(笑)」

大段 「(笑)。なんか、そのときの反省会で、『2番ではちょっと拗ねてる女』みたいな(笑)。『拗ねてたんや~』って思って、改めて、恥ずかしくなって(笑)」

吉田 「うんうん(笑)」

大段 「わたしもDMMを観たんですけど。『これ、舞依、拗ねてるんや~』みたいな(笑)。自分では分からないから。」

吉田 「AKIRA先生の中で妄想が膨らんでるやん(笑)」

大段 「そう(笑)。だから、逆に、めっちゃ恥ずかしくて(笑)」

吉田 「(笑)」

大段 「しかも、あんなみんなの前で『2番は拗ねてた』みたいな言われたら、もう次からどうしよう?って(笑)。拗ねられへん(笑)」

吉田 「じゃあ、わたし、次、2番で拗ねてみるわ(笑)」

大段 「お願いします(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME