スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 小嶋花梨 お尻の形が丸見えだったり食い込んだりする衣装は嫌?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年1月29日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「露出の多い衣装」

吉田 「『アイドルの夜明け(公演)』の最後の衣装、ほんまに嫌(笑)」

小嶋 「あ~、あれヤバいですね。」

吉田 「うん。」

小嶋 「あれ、もうパンツっていうか(笑)」

吉田 「うん(笑)」

小嶋 「銀色のズボンを一応履いてるんですけど。あれなんてもうパンツを見せてるうよなもんじゃないですか。」

吉田 「そう。しかも、たまにあの銀パン破れてんねん。」

小嶋 「そうなんですよ。めっちゃ食い込んでくるし。お尻の形が丸見えだし。」

吉田 「うん、見える。あれで『僕以外の誰か』が本当に嫌だった!」

小嶋 「あ~(笑)。わたし、研究生公演のときの。研究生公演って、最後、Tシャツ短パンじゃないですか。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「そのときはまだ細いほうだったけど。もう、短パンが短パンじゃないんですよ。」

吉田 「分かる、分かる(笑)。ホットパンツみたいな(笑)」

小嶋 「そう!あれはダメ(笑)」

吉田 「あれは初期の頃にしか履けない。ドラ3の子とかが履いてるもんな。」

小嶋 「この間も、研究生公演『夢は逃げない』を観に行ったときに、舞台監督さんに一番最初に発した言葉は『あの短パンどうにかならないんですかね?』『かわいそうですね』って言っちゃいました。」

吉田 「(笑)。あれは体型を公開させてるよな。あれは辛い。」

小嶋 「あれは辛い。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME