スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 ブルマ公演は許せなかった!泣きながら『絶滅黒髪少女』を踊ったエピソ-ド「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年10月16日放送

出演メンバー

磯佳奈江(いそちゃん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「ブルマ公演」

吉田 「わたし達がブルマ公演をやったのは知ってる?」

磯  「聞いたことはあるかもしれない。いつやったんですか?」

吉田 「『絶滅黒髪少女』の発売のときに1位が獲れなかったらブルマ公演っていう公約をさせられて。」

磯  「え~。」

吉田 「で、目標の1位は獲れてん。ありがたいことにオリコンウィークリーチャート1位だったんですよ。」

磯  「うんうん。」

吉田 「だから、ファンの人も『ブルマ公演しなくてよかったね』って言ってたのに。本当にあれだけは許せないと思うんだけど。せっかくファンの人も頑張って握手券を買ってくれたりして。せっかく1位にしてくれたのに。ブルマで劇場に立ったんですよ。」

磯  「え~!知らなかった。」

吉田 「ブルマで『絶滅黒髪少女』を踊ったんですよ。」

磯  「全員ブルマですか?」

吉田 「そう。」

磯  「え~。」

吉田 「『NMBは期待を裏切らないでほしい』みたいな、大人のそういう方針で。」

磯  「大人の意見か。」

吉田 「わたしは、せっかくファンの人が応援してくれたのにそんなことをしたっていうのがすごく嫌で、実はすごく泣きながら踊った。恥ずかしすぎて涙が出てんやんか。」

磯  「え~。」

吉田 「水着とかは何回も着てるのにブルマだけは、なんか。」

磯  「また違いますもんね。」

吉田 「恥ずかしかったな。(学生時代に)ブルマ経験者じゃないから。ブルマ経験者?(笑)」

磯  「違います!(笑)ギリギリ大丈夫でした(笑)」

吉田 「そっかそっか(笑)」

磯  「そうだったんですね、これは1期生ならではですね。」

吉田 「まあ、今になったら面白い話やねんけど、あのときは嫌だった。」

磯  「まあ、年頃の女の子でもありますからね。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME