スポンサーリンク
スポンサーリンク

NMB48大段舞依 妹・大段結愛にはスパルタ?泣いていても手助けしない理由とは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月2日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

妹・大段結愛にはスパルタ?

大段 「う~ん、どうなんですかね。でも、褒めたことがないというか、初日公演に出たときに、初めて『頑張ったね』って言ったんですけど。」

吉田 「うんうん。」

大段 「後はもう、自分も研究生を経験してて、こんな甘かったらあかんっていうのを知ってたからこそできるアドバイスっていう感じで。」

吉田 「うんうん。そっか。」

大段 「そうですね。」

吉田 「泣いたりする?」

大段 「泣いたりはしてないって思ってたんですけど。ママから1回電話がかかってきて、『夜にずっと泣いててんけど、何かあったんかな?』っていう話で。」

吉田 「うんうん。」

大段 「多分、そのとき、研究生の初日オーディションとかが重なってて。」

吉田 「あ~、そうなんや。」

大段 「で、振りとか覚えらへんとかで、多分。でも、それはみんな通ってくる道やから。」

吉田 「そうやんな。確かに、そこで手助けしちゃうと。」

大段 「そう、甘えちゃうから。そこは甘えたらあかんと思ってるので。そこはあんまり手を出さずにっていう。」

吉田 「そうなんや。」

大段 「そうですね。まあ、出したいのはやまやまなんですけど。」

吉田 「恵ちゃんもそれ言ってた。怜ちゃんが入ったときに。」

大段 「そうですよね。けいっちさんとも話したりするんですけど、『こっちも我慢やし、お互い我慢のところがあるよな』みたいな話をしてて。」

吉田 「うんうん。」

大段 「『確かにそうですよね』って言って、辛い部分を(笑)」

吉田 「そうやんな。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME