NMB48吉田朱里 初期の1期生はピリピリしていて遅刻をするとすごく気まずい空気になっていた「TEPPENラジオ」

teppenradio20180918-6
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月18日放送

出演メンバー

川上礼奈(れなぴょん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「遅刻」

吉田 「最初の頃、遅刻したときの、ロケバスに入っていくとき(笑)」

川上 「いや~、あれは気まずい!(笑)あれは今も気まずい(笑)。『申し訳ないです・・・』みたいな。」

吉田 「昔、わたし達はすごくピリピリしてて。」

川上 「そうそう。」

吉田 「本当に忙しくて、毎日毎日色んな仕事があって。MV撮影があって、次の日も早くて、みたいな。みんな、体も小さいし、慣れてないから。すごく疲れてて、寝坊が多発したわけですよ。」

川上 「うんうん(笑)」

吉田 「部屋まで突撃しないと起きないみたいな事が多くて。その時期は(笑)」

川上 「うん、ほんまにヤバかった(笑)」

吉田 「みんな、順番に寝坊をしていくみたいな感じやって。」

川上 「マネージャーさんが各部屋を全部回って。」

吉田 「そうそう。で、寝坊してない子が先に乗ってて。」

川上 「待ってるねんな。」

吉田 「そう、車の中で待ってるねん。『まだ?』『こっちだって眠いねんけど』みたいな空気になって。そこに、そ~っと入って行って(笑)」

川上 「『すいませんでした』って(笑)」

吉田 「そう、『すいませんでした』って言って、すぐに補助席に座る(笑)」

川上 「絶対に補助席に座るよな(笑)」

吉田 「うん。二人席が空いてても、補助席に座る(笑)。それぐらいピリピリしてたから。あのときの記憶がトラウマで。」

川上 「確かに。ほんまに怖い。」

吉田 「遅刻って怖いんですよね~。」

川上 「でも、礼奈、遅刻は1年に1回だけするねんな。毎年、お正月公演の日。1月1日の公演があるやん。」

吉田 「あ~、あれは眠い。」

川上 「あの日、絶対に遅刻するねん。」

吉田 「だって、前の日にギリギリまで紅白に出てたりな。」

川上 「それもあるし、普通にしてても。」

吉田 「(大晦日は)夜中も起きちゃうもんな。」

川上 「カウントダウンTVとか見ちゃう。」

吉田 「そうそう。」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!