NMB48吉田朱里 中学の同窓会に行くと男子がみんな優しくて応援もしてくれていた「TEPPENラジオ」

teppenradio20180821-6
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年8月21日放送

出演メンバー

加藤夕夏(うーか)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「同窓会」

吉田 「成人式のときにあった。」

加藤 「うんうん、あった。それぐらいしかやったことないな。」

吉田 「でも、すごく楽しかったよ。みんな3次会ぐらいまでやってて。」

加藤 「え~!すごい。」

吉田 「わたしは2次会の途中から行って。みんなとは久々やって。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「なんか、すごく面白かったのが。『写真撮って』とか言われたらすごくめんどくさいな~って思ってて、もしそんなんやったら、しれっと帰ろうと思っててんけど。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「みんな、『えっ?来ても大丈夫?』みたいな感じで、逆に心配してくれて。」

加藤 「へ~、優しい。」

吉田 「一人の子に関しては、ネタで『コートをお持ちします』みたいな(笑)。『もうやめて~(笑)』とか言ったりして。」

加藤 「(笑)」

吉田 「『俺ら、紅白めっちゃ応援してたからな』『全員で入れたから』みたいな。」

加藤 「へ~、嬉しいな。」

吉田 「ちょうど紅白のときやったらから。」

加藤 「そっか、そっか。」

吉田 「当時、全然喋ったことない男の子とかもすごく応援してくれてたり。」

加藤 「へ~。」

吉田 「女の子は『動画観てんで~』とか言ってくれたり。すごい優しいなって。でも、それっきり誰も会ってない(笑)」

加藤 「まあ、でも、そうなるよな。」

吉田 「そのときは楽しかったけどね。」

加藤 「わたしも、ちょっと喋りにくいんかな?気を使われるんかな?って思ってたけど、『ほんまに頑張ってるな』みたいな、言ってくれたから。」

吉田 「うんうん。」

加藤 「『ライブを観に行きたい』とか言ってくれたり、興味を示してくれて。」

吉田 「嬉しいよな。」

加藤 「うん、嬉しいし。やっぱり幼い頃からずっと一緒やった子達やから。思い出話とかもめっちゃ楽しかった。」

吉田 「分かる、分かる。でも、意外とみんなおじさんになってて。女の子は可愛くなってんねん。メイクとか覚えて、中学生の垢抜けない感じから大人になって。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「男の子は、何でそんなとこにヒゲ生やしてんの?みたいな(笑)」

加藤 「分かる~!ヒゲ生えてるよな(笑)」

吉田 「あと、声違うくない?みたいな(笑)」

加藤 「それは声変わりがあるからしょうがないけど(笑)」

吉田 「何人かは、誰か分からんかったもん。」

加藤 「まだ若いのに、大人っぽいのに憧れて、おじさんっぽくなって人はいた(笑)。“ワイルド”みたいな。」

吉田 「分かる、分かる(笑)。しかも、スーツを着てるから余計ね。」

加藤 「そうかも。」

吉田 「まあ、成人式はね、いっぱい思うことがあるよ。」

加藤 「うん、面白かった。」


スポンサーリンク