NMB48堀詩音 仲良くなった先輩(磯佳奈江 内木志)には適当?声のトーンも下がる?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180508-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年5月8日放送

出演メンバー

堀詩音(しおん)
山本彩加(あーやん)

仲良くなった相手には適当になる?声のトーンが下がる?

堀  「そうなんですよ。これは本当にわたしの悪いところなんですよ(笑)。仲良くなればなるほど声のトーンが下がっていって、誰?みたいな声になっていっちゃって(笑)」

山本 「え~。」

堀  「仲が良い先輩の磯佳奈江ちゃんとか内木志ちゃんとか。先輩なんですけど、プライベートから仲が良くて。」

山本 「そうですね。ずっと一緒にいてるイメージがあります。」

堀  「そう、ずっと一緒にいるから。どんどん声のトーンが下がってきまして。誰?みたいな声で喋っちゃうから。よくメイクルームで喋ってるのを聞かれると、だいたい二度見されます(笑)。『誰?誰?』みたいになって『あっ、詩音か』みたいになるから、それぐらい
声のトーンが下がってると思う。」

山本 「そうなんや。わたし、全然意識して聞いてなかったです(笑)」

堀  「よく言われるのが、ステージ上で喋ってるときがマックスでテンションが高くて、声のトーンも高い。」

山本 「あ~、はいはい。」

堀  「わたし、(SHOWROOM)生配信を毎日してるんですけど。そのときのトーンとステージ上のトーンを比較したら、すごいグラフになると思うぐらい、すごく声のトーンが違って。」

山本 「そうなんですね。」

堀  「握手会では中間ぐらいなんで、『意外と普通に喋れるんですね』みたいなことを言われたりするんですけど(笑)。(仲良くなったら)適当というか、心を許しすぎちゃう。」

山本 「多分、リラックスして話せてるんでしょうね。」

堀  「それが悩みでもありますね(笑)。『二重人格なの?』って言われるときもあるから。そんなことないんだけどな~、心を開いてるだけなんだけどな~みたいな。」

山本 「難しいですね。でも、心を開いて頂けてるということで。」

堀  「はい、安心してください(笑)」

家計簿をつけている?

堀  「はい。」

山本 「アプリを使ってるんですか?」

堀  「前まではアプリにもノートにも書いてたんですけど。ノートはだんだん続かなくなってきまして。」

山本 「そうですよね。めんどくさいですよね。」

堀  「(ノートを)1冊書き終わったんですけど、2冊目を買いに行くのがめんどくさくなって(笑)」

山本 「あ~(笑)」

堀  「今はアプリだけでやってて。例えば1ヶ月の予算を『食費○○円』『日用品○○円』って決めて、それだけしか使わないって決めて。毎日アプリを使ってるんですけど。」

山本 「すごい。」

堀  「わたし、もともとお金の計算が大好きで。」

山本 「はいはい。簿記もね?」

堀  「はい。簿記検定も三級なんですけど、持ってて。」

山本 「すごい!」

堀  「学校のテストでも簿記は100点を取ったりとか。」

山本 「すごい!簿記って難しいイメージがありますけどね。」

堀  「わたしも難しいと思ってたけど、意外とすんなり入れたから。お金の計算が単純に好きで(笑)。アイドルがあんまり『お金、お金』言いたくないんですけど(笑)」

山本 「(笑)。でも、(簿記は)絶対に使えますよね。」

堀  「これが良い事なのか分からないんですけど(笑)」

山本 「良い事ですよ(笑)」

堀  「好きな事だな~とは思ってます。」

山本 「じゃあ、これからも続けてください。」

堀  「はい。頑張ります!」


スポンサーリンク