安田桃寧 NMB48の三大ぶりっ子!川上礼奈と大段舞依とは一緒にされたくない?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180501-12
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年5月1日放送

出演メンバー

安田桃寧(ももね)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

ぶりっ子と言われる!でも認めたくない?

安田 「はい。」

吉田 「そりゃ言われるやろ。」

安田 「めっちゃ言われますよ。」

吉田 「うんうん。」

安田 「でも、最近は(自分でも)認めだしてきました(笑)」

吉田 「そんな傾向がありますね(笑)」

安田 「はい。これはしょうがないですよね。」

吉田 「うんうん。」

安田 「でも、大段舞依さんとか川上礼奈さんがいるじゃないですか。ああいう風にはなりたくないです(笑)。正統派アイドルでいきたいので。」

吉田 「こっちからしたら系統は一緒やから(笑)」

安田 「えー!(笑)。でも、“三大ぶりっ子”って言われてるんでね(笑)」

吉田 「そうそう。礼奈、まいち、桃寧やな(笑)」

安田 「末っ子です(笑)」

吉田 「先週、『子分』って言ってたからな(笑)」

(※先週のゲストは大段舞依)

安田 「ヤバい(笑)。ほんまに嫌(笑)」

吉田 「正統派のぶりっ子はNMBでは通用しないんで。」

安田 「ダメですか?(笑)」

吉田 「ダメです。ぶりっ子はイジられないと(笑)」

安田 「(笑)」

パーソナリティーを務める『じゃんぐるレディOh!』について

安田 「めっちゃ楽しいです。最近ではガールズトークが主になってます。」

吉田 「へ~、何の話をするの?」

安田 「好きなタイプとか、理想のキスとか。」

吉田 「へ~、可愛いね。理想のキスはどんなん?」

安田 「わたしは教室でしてる感じですかね(笑)」

吉田 「可愛いですね。少女漫画みたいな感じですね。」

安田 「そうなんですよね。少女漫画に憧れてます。」

吉田 「憧れるよな。」

安田 「はい。」

吉田 「一生の憧れやんな。あんなキラキラした世界。」

安田 「ほんまですよね。現実はあんなんじゃないですよね。」

吉田 「少女漫画の男の子みたいな人はいないと思う!(笑)」

安田 「本当にね(笑)」

吉田 「危険があったら急に助けにくるって、どこから見ててん!って感じやん(笑)」

安田 「確かに(笑)」

吉田 「非現実すぎて、理想になるんやろうな。」

安田 「妄想でも楽しいですしね。」

吉田 「うん、楽しい。『LDK』読んだことある?」

安田 「あります。」

吉田 「わたし、『LDK』の柊聖(しゅうせい)くんの大ファンやねん。」

安田 「分かる~!」

吉田 「あのちょっとSっ気のある感じが好き。」

安田 「分かります。」

吉田 「柊聖くんのファンやねん。」

安田 「本当に大共感。」

吉田 「少女漫画はいいですよね。」

安田 「いいですね。」


スポンサーリンク