スポンサーリンク

NMB48川上礼奈 吉田朱里 母親からのアドバイスに思う事とは?「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク

teppenradio20180206-8
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年2月6日放送

出演メンバー

川上礼奈(れなぴょん)
吉田朱里(アカリン)

母親から「今の状況を変えたいなら自分から発信しろ」とアドバイス

川上 「ママは普段は何も言わへんねんけど。生誕祭のお手紙のときとかに、けっこうガツンと言ってくる。」

吉田 「そうなんや。朱里のママは、言いたいことが溜まったら、絵文字をいっぱいつけてLINEをしてくるねん。」

川上 「分かる~!ちょっとでも機嫌を損ねへんように可愛らしい感じにして(笑)」

吉田 「そう、マイルドにして言ってくるねんけど。それが見えて嫌(笑)」

川上 「分かる(笑)」

吉田 「どうせ、そう思ってんねんやったら、ガツンと言えばいいやんってなる。『朱里ちゃんは頑張ってるけど』とか言われたら、いつも“朱里ちゃん”なんて言わへんやんか~!って(笑)」

川上 「間違いない(笑)。あるあるやんな。ちょっと柔らげるときの“ちゃん”付け(笑)」

吉田 「そうそう(笑)」

川上 「でも、ママも心配してるんやと思う。」

吉田 「わたしのためを思って言ってくれてるのは分かるんですけどね。」

川上 「礼奈、14歳ぐらいからママと一緒に住んでないから、ママの中では礼奈は14歳で止まってるんやと思う。」

吉田 「あ~、なるほどね。でも、お母さんの一言って1番グサッてくるよな。自分でも分かってることやのに、更に言ってくるから機嫌を損ねるねんな(笑)」

川上 「うんうん、確かに(笑)。でも、もうママとケンカすることはない。」

吉田 「そうなんや。」

川上 「一緒に住んでなさすぎて、もう友達みたいな感じ。だから、何でも言うし。ママに隠し事はマジで1個もない。」

吉田 「へ~、そうなんや。」

川上 「全部、逐一報告する。」

吉田 「すごいな。」

川上 「ほんまに友達って感じ。」

吉田 「いいな~、その関係。わたしはまだ実家に住んでるから。」

川上 「そうやな。じゃあ、まだ“ママ”って感じがするんやろな。」

吉田 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME