スポンサーリンク

山本彩 フリマアプリで高価な物を売るときはブランド袋で梱包する「SPARK」


画像引用 twitterより
「SPARK」2020年4月19日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

ブランドの袋は捨てずに保管

リスナーからのメール「わたしがなかなか捨てられない物は紙袋です。洋服を買ったときとかブランド名が入っているだけで紙袋にも価値があるし使いまわしできるしと思っていつも保管する習慣があります。どんどん量が増えてきて。でも、全部を使っているわけでもないから、なかなか捨てようか捨てまいか迷ってます。どうしたらいいでしょう?」

ほかしましょう(笑)。ちょっと笑いそうになって失礼なんですけど、ブランド名が入ってるだけの紙袋に多分価値はないんじゃないでしょうか?

ちょっと矛盾するようでアレなんですけど、わたしはとってるんです。でも、それには理由があって。フリマアプリをわたし使うんですね。で、けっこう、わたしは買う側じゃなくて売る側をやっているんですよ。売る側としてけっこう断捨離もしてるんですよね。で、売るときに、やっぱり梱包っていうのがどうしても必要で。その梱包する作業とかも好きなんですよ。だから、梱包用に置いてるんですね。

まあ、価値が全くないと言ったらアレですけど、使えるなら価値があると思うんですね、ブランドの紙袋。わたしはちょっとお高めの物を売るときとか、売れたときはちょっとお高めのショップ袋で梱包して送るんです。そうするとそれ相応の梱包になってるのかなって思うんですけど。

まあ、使ってないなら本当にいらないと思います。場所を取りますからね。〇〇さん(リスナーの名前)もフリマされるならいいかもしれないですが、しないなら、その他に用途がなければほかしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SPARK
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!