スポンサーリンク

NMB48南波陽向 LeopAjeでの活動で難しかったことを語る「しんしんとダレカのガールズトーク」


画像引用 twitterより
「しんしんとダレカのガールズトーク」2020年4月4日放送

出演メンバー

南波陽向(ひなちょ)
新澤菜央(しんしん)

LeopAjeについて

南波 「LeopAjeはどうでしたか?わたしは中にいる人やからさ、客観的に見てどうなんか気になる。」

新澤 「客観的に?」

南波 「うん。」

新澤 「なんか、強い、個性が。」

南波 「あ~。」

新澤 「バラエティー豊かでって感じであんまり見られないと思うけど、よく見たらめっちゃ個性豊かで。あと、踊りが強い。」

南波 「なるほど。たしかに、(石田)優美さんとかがいたり(菖蒲)まりんとかはるちゃん(貞野遥香)とか、ダンスできるメンバーが多いから。」

新澤 「うんうん。6期生が多いチームよね、1番。」

南波 「そうやな。6期生何人いたかな?わたしとまりんとはるちゃんと(横野)すみれと(北村)真菜。5人。8人中5人か。」

新澤 「お~(笑)。半分以上6期生のグループ。」

南波 「そうなんですよ。でも、逆に、6期生ばっかりになっちゃったから、難しかった。」

新澤 「え~。そうなんや。」

南波 「何て言うんかな?引っ張ろうっていう感じより、仲良しこよしになっちゃう感じがあって、最初は。」

新澤 「あ~。」

南波 「それがちょっとアレやったけど。でもね、はるちゃんがリーダーで引っ張ってくれたからね。本当にすごいよな、はるちゃん。」

新澤 「本当に。めちゃくちゃ刺激受けました、このナンバトルの期間は。」

南波 「うんうん。」

新澤 「同期とか近い世代の子がリーダーをやってるチームも多くてね。」

南波 「そうやんな。」


error: Content is protected !!