スポンサーリンク

NMB48原かれん 川上礼奈卒コンのときに『絶対にれなぴょんさんみたいな存在になりたいし選抜に入りたい』と強く思った瞬間を語る「しんしんとダレカのガールズトーク」


画像引用 twitterより
「しんしんとダレカのガールズトーク」2020年6月21日放送

出演メンバー

原かれん(かれんたん)
新澤菜央(しんしん)

『ヘビーローテーション』の思い出

新澤 「この曲は、なんか、かれんたんの思い出の曲らしいんですけど。」

原  「はい。そうなんですよ。昔から聴いてたっていうのもあるんですけど。」

新澤 「うんうん。」

原  「やっぱり一番の思い出は、川上礼奈さんの卒業コンサートのときに。」

新澤 「うんうん。」

原  「初めて選抜さんのポジションでさせてもらったのが『ヘビーローテーション』で。」

新澤 「そうなんや。」

原  「そう。今までずっとポジションがないところばっかりやったから。」

新澤 「うんうん。」

原  「すごい、初めて自分がその中に入れて。」

新澤 「うんうん。」

原  「そのときに、『絶対にれなぴょんさんみたいな存在になりたいし選抜に入りたい』って強く思った瞬間でもあるので、すごい思い入れのある曲です。」

新澤 「うんうん。たしかにね、れなぴょんさんとけっこう似てるって言われることも、かれんたんは多いからね。」

原  「はい。とてもありがたいです。偉大な先輩なので(笑)」

新澤 「(笑)」

原  「大好きです(笑)」

新澤 「しかも、めっちゃ懐かしいし。」

原  「マイク持ってな、かれん、こけそうになってん(笑)」

新澤 「そうなん?(笑)」

原  「そう(笑)。スタンドマイクをれなぴょんさんに持って行く係やったのに、一番前でこけそうになってん、つまずいて(笑)。『あ~!』みたいな(笑)」

新澤 「絶対やったらあかんやつやん(笑)」

原  「そう(笑)。っていう思い出もありま~す(笑)」

新澤 「(笑)」