スポンサーリンク

NMB48本郷柚巴 ナンバトル公演のゲネプロで渋谷凪咲曰く『みんなえずいた』という場面が「しんしんとダレカのガールズトーク」


画像引用 twitterより
「しんしんとダレカのガールズトーク」2021年2月14日放送

出演メンバー

本郷柚巴(ゆずは)
新澤菜央(しんしん)

ナンバトル公演について

本郷 「アンコールまで水分補給が1回もできないんですよ。」

新澤 「そうなんですよ。ずっと出っぱなしなんですよね。」

本郷 「うんうん。乾燥したらツバが通らへんやんか、喉を。」

新澤 「うんうん。」

本郷 「渋谷凪咲さんも言ってたんですけど、ゲネプロのときに。『恋なんかNo thank you!』で後ろを向くタイミングがあるんですよ。」

新澤 「はいはい。」

本郷 「『そのときみんなえずいた』って言ってて(笑)」

新澤 「(笑)」

本郷 「喉にツバが通らへんくて、『どうしよう、どうしよう』ってなって(笑)」

新澤 「(笑)」

本郷 「ほんまにそのぐらいハードな公演で。」

新澤 「うんうん。」

本郷 「ゲネプロはやっぱりファンの方がいない状態じゃないですか。舞台監督さんがいらっしゃって、メンバーが見学に来てくれたりとか。」

新澤 「はい。」

本郷 「でも、本番ってなったらファンの方が拍手してくださったり、ペンライト振ってくださったり、おかげで気合の入り方が違うというか。」

新澤 「そうなんですよ。」

本郷 「喉にへばりついても(笑)。ファンの方が頑張って手拍子してくれたり、腕がしんどいのにペンライト振ってくれたりしてるから、自分も頑張れるというか。」

新澤 「うんうん。」

本郷 「他のメンバーもしんどいし同じ気持ちやと思ったら、なんか、楽しめましたね。」

新澤 「本当にファンの方の応援って偉大ですよね。」

本郷 「間違いない。」

新澤 「ゲネプロとかお客さんいないから、頑張れなくて、すごいしんどい気持ちで終わったんですけど。本番は『楽しい!』っていう、『こんなに違うか』っていうね。」

本郷 「うんうん。」


error: Content is protected !!