スポンサーリンク

NMB48新澤菜央 小学校低学年までは『わたしについてこい』というリーダー的な存在だった「しんしんとダレカのガールズトーク」


画像引用 twitterより
「しんしんとダレカのガールズトーク」2020年4月26日放送

出演メンバー

貞野遥香(はるちゃん)
新澤菜央(しんしん)

小さいときはどんな子だった?

新澤 「はるちゃんはどんな子やった?」

貞野 「めっちゃ活発でした。今も活発なのかは分からんけど(笑)」

新澤 「活発やな、割と。」

貞野 「ほんまに活発で元気って感じやった。」

新澤 「そうなんや。」

貞野 「うん。色んなことに興味があったから、色んなことをさせてもらってたかも。」

新澤 「あ~、たしかに。バレエやってたり。」

貞野 「そう。」

新澤 「けっこう習い事とかもね。」

貞野 「うん。やってましたね。」

新澤 「すごいな。」

貞野 「いやいや。しんしんは?」

新澤 「しんしんの小さいとき?」

貞野 「うん。」

新澤 「しんしんも意外とクラスのリーダー的な人だったんですよ(笑)」

貞野 「お~、すごい。」

新澤 「小さいときね(笑)」

貞野 「うん。」

新澤 「でも、小学4年生ぐらいになって、めっちゃ急に恥ずかしさを覚えて(笑)」

貞野 「(笑)」

新澤 「めっちゃ静かな子になりました。」

貞野 「へ~。でも、なんか、途中でそれくるよな。」

新澤 「そうそう。」

貞野 「『恥ずかしい』っていう時期が(笑)」

新澤 「そう(笑)」

貞野 「分かる。」

新澤 「小学3年生ぐらいまではめっちゃリーダー。『わたしについてこい』みたいな感じでした(笑)」

貞野 「かっこいい(笑)」

新澤 「いつからかこんなんになって(笑)」

貞野 「こんなんになって(笑)」

新澤 「(笑)」


error: Content is protected !!