NMB48渋谷凪咲 お母さんの幸せなアルバイトについて語る「NMB48学園」

nmb48gakuen20180630
画像引用 twitterより
「NMB48学園 こちらモンスターエンジン組」2018年6月30日放送

出演メンバー

渋谷凪咲(なぎちゃん)
村瀬紗英(さえぴぃ)
西森洋一(モンスターエンジン)
大林健二(モンスターエンジン)

渋谷凪咲 お母さんのアルバイトについて

リスナーからのメール「みなさんは50歳になったときにどんな感じになっていたいですか?」

渋谷 「ちょうど、わたしのお母さんとお父さんが50歳ぐらいで。」

村瀬 「うんうん。」

西森 「若いな~。」

渋谷 「今、めっちゃ楽しそうで、幸せそうで。」

大林 「もう、子供も手がかからなくなって。」

渋谷 「そうなんですよ。わたし達(兄弟)も日中は家にいないから。お母さんはおまんじゅう屋さんでバイトをしてて。」

西森 「へ~。」

渋谷 「おまんじゅう屋さんのおまんじゅうを持って帰ってきて、1人でお昼に食べたりとか。」

西森 「別に働かなくてもいいけど、時間を持て余してるから?」

渋谷 「そうなんですよ。時間があるから。」

大林 「おまんじゅう屋さん、なぎちゃんのお母さんって感じやな~(笑)」

村瀬 「っぽいな~(笑)」

渋谷 「(笑)。そのおまんじゅう屋さんが駅から近くて、わたしが仕事に行くときに、お母さんがバイトをしてたら、外で呼び込みみたいなのをしてるから、『あっ、行ってきます』『行ってらっしゃい』みたいな(笑)」

西森 「なんかそういうのいいな。」

渋谷 「はい(笑)」

西森 「おまんじゅうが好きなん?」

渋谷 「おまんじゅうが大好きなんです。」

西森 「大好きなんや。生活に余裕がある人の(仕事の)選び方やな(笑)」

渋谷 「ライブとかの差し入れも、いつもバイト先のおまんじゅうで(笑)」

一同 「(笑)」

渋谷 「だから、あんまりメンバー人気は無いんですけど(笑)」

大林 「渋いもんな。」

渋谷 「そうなんですよ。」

西森 「美味しいけどな。」

村瀬 「うん、美味しい。」

渋谷 「そう、めっちゃ美味しいんですよ。」

西森 「カロリーはちょっと高いけどな。」

渋谷 「そうなんですよ。」

大林 「さえぴぃの50歳はどうですか?」

村瀬 「わたしも両親がそれぐらいなんですけど。子供の顔を見てみたいです。」

大林 「あ~。」

村瀬 「子供と仲良くしていたい。」

大林 「そうやね。20歳前後の子供がいてもおかしくない歳になってるわけで。」

村瀬 「うんうん。一緒に出掛けてほしい。」

大林 「どうやろな~?(笑)」

渋谷 「紗英様なら出掛けてくれますよ。」

西森 「(自分は)いつ子供が離れていくんやろ?って思いますけどね。」

村瀬 「あ~。」

西森 「今はものすごいもん。仕事から帰ってきたら、すぐに『かくれんぼしよう!』って言ってきて。」

一同 「(笑)」

西森 「せえへん、せえへん。おっさんは帰ってきてすぐにかくれんぼはせえへん(笑)」

一同 「(笑)」

村瀬 「楽しそう(笑)」


スポンサーリンク