NMB48渋谷凪咲 総選挙は数字も大事だけどそれ以上にファンの気持ちを大切にしたい「SHOWROOM」

nagisa-showloom20180603
画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2018年6月3日配信

出演メンバー

渋谷凪咲(なぎちゃん)

総選挙について思うこと

去年、『IDOL AND READ』っていう雑誌でもお話させて頂いたんですけど。これを言ったら「綺麗事や」とか言われるかもしれないけど。

わたしは本当にみなさんの一票一票がすごく嬉しくて、大切で、大きなものっていうことを自分なりに分かってるつもりなんですけど。

やっぱり、その一票にはみなさんのお金も時間も。たくさん働いてくださって、投票するのに時間も使ってくださって。その気持ちも全て大切で。

握手会のときも、「夜勤してきたよ」とか、学生のみなさんも「バイトして貯めてたお金で投票するからね」とか。家族連れで来てくださったみなさんも「家族みんなで一票ずつ投票するからね、少ないけどごめんね」とか言ってくだるんですけど。本当に嬉しくて。

本当に言葉足らずなのがすごく申し訳無いんですけど。お気持ちだけでも嬉しいですし、その一票一票が積み重なっていったら、(目標の)順位にも達すると思うし。でも、やっぱり数字が全てじゃないから。それまでの過程とか、それまでの気持ちとか。ファンのみなさんとわたしの絆とか思い出がすごく大切だなって思いますので。

総選挙は正直辛い戦いかもしれません。でも、それ以上に思うのは。ファンのみなさんとわたしって、言っても他人じゃないですか。それなのに、こんなにもわたしのことをみなさんが応援してくださって。握手会で会うだけじゃなくて、SNSのコメントとか、街で応援してくださってる方に会ったりとか。本当にたくさんの方が支えてくださってるんだなって、改めて感じれるものだなって思います。

みなさんとわたしの気持ちが結果に反映されると、より嬉しいなっていうのはありますけど。結局、大人が見るのは数字なので。でも、わたしは絶対にそれだけじゃないって思ってるし。

みなさんのその気持ちと、わたしのために費やしてくださったその時間。みなさんは大切な時間をわたしにくださってて。それは絶対に無駄にしないですし。わたしはみなさんから頂いた気持ちや順位を、絶対に形にして返そうって決めてます。


スポンサーリンク