スポンサーリンク

NMB48菖蒲まりん ムチャクセ公演百合劇場での役柄について語る「SHOWROOM」


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2021年6月26日配信

出演メンバー

菖蒲まりん(マリン)

ムチャクセ公演百合劇場に嫌な女役で出演

(コメント「まりんちゃんに似合ってる役だったは褒め言葉になります?」)

まあ、嬉しくはないけど…嬉しいかな(笑)。めっちゃ言われた。メンバーにも言われた。同期にも言われたし、先輩にも言われたし。(木下)百花さんにも嬉しい言葉をいただけたから。これ、キャラ付けをしてくださってるじゃないですか。ってことは、まりんはこれから嫌な女キャラで行ってほしいってことかな?そういうことだよね、(河野)奈々帆さんにはこれから百花さんの後を担う男装っていうか、男らしいキャラを継いでほしいみたいな感じ。ってことは、まりんはこれから悪い女として生きて行ってくださいってことですかね(笑)。

まあ、たしかに、隠してるまりんを暴かれたところはある(笑)。なんか、メンバー1人1人のことを調べたりしてくださったみたいで。そこでまりん対して思ったのが、そういうことですよね、そういう印象ですよね。だから、良い子ちゃんぶらなくてもいいんだよっていうことだったのかもしれない。

(中略)

なんか、練習のときは「実は良い人なのがバレてるから」って言われて(笑)。「実は良い人なのがバレちゃってるからもうちょっと嫌ったらしい女を研究してみて」って言われて(笑)。頑張りましたけど。

(中略)

(コメント「まりん的にあの配役って言われてどう思った?」)

っぽいなって思った(笑)。最初はチャラめの女の子かなって思って。まりんのいつもの私服みたいな感じでできる、人を煽るのが好きな性格の悪い女みたい感じなのかなって台本を見て思ったんですよ。そしたら、「違うよ」って言われて。「地雷女だよ、まりんちゃんは」って言われて。「あっ、地雷女なんだ」って思って。「田中みな実さん系の清楚な感じのある嫌な女だよ」って言われて、役がね。「あっ、なるほど」って、「そっち系か」っ思って。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!