スポンサーリンク

NMB48山本彩加 最初は楽しくなかったセレクション期間で気持ちが変わったきっかけを語る「次は~新福島!」


画像引用 twitterより
「次は~新福島!」2020年12月16日放送

出演メンバー

山本彩加(あーやん)
福島暢啓(MBSアナウンサー)

セレクション期間で気持ちが変わった

福島 「何かポイントがあったわけですか?ターニングポイントみたいな。」

山本 「わたし、ダンスもやったことなかったので。最初は何もできなくて、楽しくなかったんですよ。」

福島 「トランペットしかできないですもんね。」

(※番組内で中学時代に吹奏楽部でトランペットをやっていたことを話していました)

山本 「はい。あと、空手とかバスケぐらいしかできなかったので。」

福島 「はいはい。」

山本 「そういう音楽になかなか触れる機会がなかったので。」

福島 「歌うとか踊るっていうのがね。」

山本 「そうです。だったので、そこで自分がエンジンかかるとは思ってなくて。」

福島 「うんうん。」

山本 「でも、徐々に。『そこ!声出して歌えよ!』とか言われる度に、誰よりも大きく、返事だけは得意だったので。それを褒められたときに。」

福島 「ほお。」

山本 「やっぱり嬉しくて。褒めらて多分伸びるタイプなのか(笑)」

福島 「はいはい。」

山本 「それが嬉しくて。『あっ、自分でももしかしたらどこかで認められる部分があるのかも』と思って。頑張るようになりましたね。」

福島 「へ~。それが嬉しくてってことですよね?」

山本 「はい。」

福島 「『褒められたい』っていう気持ちが、『上手くなりたい』っていう、『自分が横にいるメンバーよりも前に進みたい』っていう気持ちになるわけですよね。」

山本 「うんうん。はい。」

福島 「言ったら、アイドルの基本的なっていうか、一番大事な、根幹みたいなものを見つけた感じですね。」

山本 「そうですね、多分。はい。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!