スポンサーリンク

NMB48山本彩加 『ドッキリGP』のドッキリはヤラセではなくガチ!ドッキリの裏側を語る「SHOWROOM」


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2019年7月29日配信

出演メンバー

山本彩加(あーやん)
塩月希依音(けいと)

去年4月に放送された『ドッキリGP』の裏側を語る

山本 「あれはほんまにもう(笑)」

塩月 「怖いですよね。」

山本 「撮り直したい(笑)」

塩月 「(笑)」

山本 「嫌や~、ほんまに(笑)」

塩月 「あれ、普通にアカリンさんのお家やと思って?」

山本 「思ってた(笑)」

塩月 「え~(笑)」

山本 「ほんまに思ってた。」

塩月 「『こんなとこに住んでるんや』って?(笑)」

山本 「そう。『へ~』って、『マンションなんや』って思って。」

塩月 「うんうん。」

山本 「『YouTubeを撮る』ってなって、タコパみたいな。」

塩月 「うんうん。」

山本 「『メンバーと撮ってるの見たことないのにな』って、『サブチャンに上げるのかな?』ぐらいの感じで。喋って撮ってたら、もうめっちゃ怖かった。ほんまにあれは。」

塩月 「めっちゃ怖いですよね。(谷川)愛梨さんがすごすぎて(笑)」

山本 「すごすぎたよな、ほんまに(笑)。あれ、ガチやねん、ほんまに。」

塩月 「え~。」

山本 「ヤラセとかじゃなくて。」

塩月 「あ~、ドッキリってガチですよね。」

山本 「そう。」

塩月 「しかも、スタッフさん、めっちゃ上手いですよね。」

山本 「そう。ほんまにそれな。」

塩月 「仕掛け方が上手すぎ。マネージャーさんとかも。」

山本 「うんうん。もう、こっちは必死やったもん。どれだけマネージャーに連絡しても全然連絡つかへんし。」

塩月 「なんかそのとき(山本彩加が)電話をかけたマネージャーさんが、『電話がかかってきてどうしよう?』みたいな、マネージャーさんもかかってくると思わんかったから、『どうしよう?』ってなってて、とりあえず『他のマネージャーも(電話に)出ないでください』みたいな言った、って言ってました。」

山本 「あ~。あれはほんまにヤバかった。なんか、マネージャーさんと現場までは行ってて。撮影するお家まで。」

塩月 「はいはい。」

山本 「で、『ちょっと行かんなあかんからごめんな』って言って、帰っちゃってんやんか。」

塩月 「うんうん。」

山本 「で、他のマネージャーさんに連絡したら、『えっ、そいつが行ってるやろ?』って言われて、おらん!おらん!みたいな(笑)」

塩月 「(笑)」

山本 「もう色んなところが怖かったもん(笑)。ヤバかった、あれは。(オンエアの)映像で見たらめっちゃ面白かったけどな(笑)」

塩月 「あれは面白かった(笑)」

山本 「面白かった。」

塩月 「アカリンさんも大変そうで(笑)」

山本 「そうやんな(笑)。あれ、4時間ぐらいかかったからな。」

塩月 「らしいですね。」

山本 「そう。でも、あのロッカーに入り続けてた(仕掛け人の)警察官の人のほうがかわいそう(笑)」

塩月 「(笑)」

山本 「でも、彩加、最後、フライパンで顔を隠しすぎて、(仕掛け人が)どこから出てきたか分からへんくて。」

塩月 「うんうん。」

山本 「窓から入ってきたと思って、『ヤバい!ほんまに死ぬ!』って思って、ヤバかった、ほんまに焦った。」

塩月 「(笑)」

山本 「で、『ドッキリでした』みたいなやつも見えへんかったから、『えっ?』みたいな(笑)」

塩月 「みんなベッドの横で小さくなって(笑)」

山本 「そうそう(笑)。でも、あれからみんながドッキリ(番組)に出れてるしね。嬉しいね。」

塩月 「嬉しいです。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!