スポンサーリンク

NMB48加藤夕夏 吉田朱里との楽しかった思い出を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2021年1月22日放送

出演メンバー

加藤夕夏(うーか)
山本彩加(あーやん)

吉田朱里との楽しかった思い出

加藤 「朱里ちゃんはこのラジオでわたしがグラビアを出すたびに見てくれて。」

山本 「はい。」

加藤 「なんか、『双子パンや!』みたいな(笑)」

山本 「(笑)」

加藤 「わたしのグラビアにあだ名を付けてくれて。」

山本 「はい。」

加藤 「で、そこから食パンに成長するっていう(笑)」

山本 「成長だったんですね(笑)」

加藤 「そう(笑)。最初、胸元が開いてるニットから谷間がお見えしてて、それを『双子パンや!』って言われて。ファンの人がすごいそのあだ名を気に入ったんですよ。」

山本 「はいはい。」

加藤 「『今回の双子パンはどんな感じかな?』みたいな(笑)。次のグラビアから言われるようになって(笑)」

山本 「(笑)」

加藤 「で、また来たときに新しいグラビアを見てもらったら、『胸元が食パンの側面みたいな感じ』って言われて。『食パン』って。それもファンの方が『食パンになったんだ』みたいな喜んでて(笑)」

山本 「はい(笑)」

加藤 「っていう、TEPPENラジオに来たら、そういう、イジッてくださる流れができてて。」

山本 「うんうん。」

加藤 「いつも朱里ちゃんが盛り上げてくれてたので。なんか、本当に色んな話があるんですけど、感謝する話とか真面目な話とかいっぱいあるけど、朱里ちゃんと楽しかった思い出は双子パンとかの話になっちゃいました(笑)」

山本 「(笑)。でも、そうやってどこかにTEPPENラジオが思い出として残ってくれてるってだけでもね、嬉しいですよね。」

加藤 「残ってます。影響力すごいです(笑)」

山本 「嬉しい、その言葉(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!